BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« October 10, 2008 | Home | October 13, 2008 »

Saturday October 11, 2008

HEADLINE

US Market Recap 円を買っているミスター・ロジャーズ
Stocks You Need To Know About 見事な一致
Current Topics フォトジャーナリズム
Wall Street English 新定義

US Market Recap

円を買っているミスター・ロジャーズ

持ち株を全て売れ、と月曜に弱気論を発表した人気株番組を担当するジム・クレーマー氏だが、今度は「バーナンキ連邦準備制度理事会議長を首にするべきだ」、と怒りの声を上げている。


そういえば、今朝のテレビ(CNBC)でジム・ロジャーズ氏がインタビューされていたが、ロジャーズ氏もバーナンキ議長を高く評価していない。

CNBC: 連銀、それに政府の介入にもかかわらず、なぜ株式市場は中々好転しないのでしょうか?

ロジャーズ: ポールソン財務長官、バーナンキ議長、それとニューヨークのケン、、、ケン何とかさん。毎週のように、彼らは間違いだらけだ。何故そんな人たちの言うことを聞くのですか?私は、彼らの言うことなどに耳を傾けない。

CNBC: 現在どんな物に投資していますか?

ロジャーズ: 大量なキャッシュ・ポジションがあるから、日本円、スイスフラン、農産物関連に資金を回している。それから、いくつかの空売りポジションを手仕舞った。

CNBC:どの辺で株は買えるでしょうか?

ロジャーズ: これだけ株式市場が崩れてしまうと、現時点では、株に投資するかどうかは分からない。パニック売りがあった場合、ファンダメンタルズの確りしたものを買うわけだが、現時点では全ての株が無差別に売られている。現在、私の知る限りでは、もちろん需給バランスに問題はあるが、ファンダメンタルズが損なわれていないのは商品だけだ。

それでは、クレーマー氏に戻ろう。

「バーナンキ議長は何も分かっていない。やることなすこと全てのタイミングが遅すぎる。2003年、グリーンスパン議長が金利を1%に引き下げた時、米国には今日のような深刻な金融、住宅市場危機は存在しなかった。これだけ重大な問題に直面しているのに、バーナンキ議長のしたことは、金利をたった0.5ポイント下げただけだ。これでは、株式市場が回復するには、少なくとも2年はかかることだろう。恐慌に陥る可能性を完全に消すためには、まだまだ追加利下げが必要だ。」

更にクレーマー氏は、短期ラリーは持ち株処分の好機会であることを強調し、月曜にも述べたように、資金を連邦預金保険会社によって保証されている銀行口座に移すことを奨めた。

1010JC.jpg

ジム・クレーマー氏

(情報源: http://www.thestreet.com/story/10441420/1/cramers-mad-money-recap-rate-cuts-no-cure-all.html

http://www.cnbc.com/id/15840232?video=884476331

 

Stocks You Need To Know About

見事な一致

(チャート: http://bespokeinvest.typepad.com/bespoke/2008/10/sp-500-and-oil.html

 

1010oil.gif

赤: 原油     
黒: S&P500指数

2カ月前なら、原油が上がると株は下がり、原油が下がると株は上がったものだが、今週は両者とも同様な動きとなった。

 

Current Topics

フォトジャーナリズム

癌と戦う子どもたちの写真です。

http://www.boston.com/bigpicture/2008/09/childhood_cancer_awareness_mon.html

 

Wall Street English

新定義

PROFIT -- An archaic word no longer in use.

利益: 現在使われていない古典的な言葉

http://tradinggoddess.blogspot.com/2008/10/new-wall-street-dictionary.htmlより)

« October 10, 2008 | Home | October 13, 2008 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。