BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« October 3, 2008 | Home | October 6, 2008 »

Saturday October 4, 2008

HEADLINE

US Market Recap さっさと乗り換え、原因はバフェット氏?
Current Topics 米国で最も失業率の高い州
Wall Street English 知ったが仕舞い

US Market Recap

さっさと乗り換え、原因はバフェット氏?

金曜、米下院は修正された7000億ドルの金融安定化法案を263対171で可決した。

ウェルズ・ファーゴ銀行、ワコビアを買収、というヘッドラインに一番驚いたのはシティグループだろう。


経営難に瀕し、倒産の可能性まで報道されていたワコビアは、月曜(9月29日)、シティグループとの合併に合意している。こんな事実がありながら、ワコビアは、さっさとウェルズ・ファーゴに相手を乗り換えてしまった。

先ず、ウェルズ・ファーゴが提示した買収内容を見てみよう。

買収価格は151億ドル。ワコビアの株主は、ワコビア株1株に対して、0.1991株のウェルズ・ファーゴ株を受け取ることになり、これは3ドル91セントで木曜終了したワコビアの株価を約80%上回る。

月曜、シティグループが発表した買収価格は21億6000万ドルだった。ウェルズ・ファーゴの示した金額に、全く追いつかない額だが、この買収はFDIC(連邦預金保険会社)からのバックアップを受けて、上記したようにワコビアは合意した。

とうぜんシティグループは黙っていない。さっそく、「ワコビアのウェルズ・ファーゴとの交渉は、シティグループが持つ独占交渉権を侵害するものである」、と声明を発表して裁判沙汰になりそうな雰囲気だ。

アンドリュー・スナイダー氏(Today's Financial News)は、多くの投資家が見落としていた、こんなことを指摘している。

「数日前、ワコビア買収を見送ったウェルズ・ファーゴが、木曜の終値を8割も上回る金額でワコビアを吸収合併すると発表した。このニュースが示唆していることは、ウォーレン・バフェット氏(大投資家)の割安株漁りが始まったということだ。バフェット氏は、ウェルズ・ファーゴの大株主であり、今回のワコビア買収に絡んでいることは間違いないだろう。」

法的に違反があったかどうかは別にして、米国消費者の立場から見ると、ワコビアはウェルズ・ファーゴに買収された方が都合が良い。シティグループが買収するといっても、これはFDIC(連邦預金保険会社)のバックアップ付きだから、要するに納税者に負担がかかる。しかし、ウェルズ・ファーゴは株を使って買収するわけだから、消費者の重荷にはならない。

フィリックス・サーモン氏(portfolio.com)は、こう述べている。

「長期的に見ると、この買収で、ウェルズ・ファーゴは巨大銀行の仲間入りを果たすことができるでしょう。この買収に反対なのはシティグループと、その株主だけでしょう。現在、シティの株価は13%も下げています。」

1003wfc.gif

(情報源: http://www.247wallst.com/2008/10/citi-cries-out.html

http://www.bloggingstocks.com/2008/10/03/citigroup-says-wells-fargo-cant-buy-wachovia/

http://seekingalpha.com/article/98420-breaking-news-wells-fargo-buys-wachovia

http://seekingalpha.com/article/98439-wells-wachovia-good-for-everybody-but-citi

http://www.usatoday.com/money/industries/banking/2008-09-29-wachovia_N.htm

Current Topics

米国で最も失業率の高い州

トップ 8

ミシガン州: 8.9%

ロードアイランド州: 8.5%

カリフォルニア州: 7.7%

ミシシッピ州: 7.7%

サウス・カロライナ州: 7.6%

オハイオ州: 7.4%

イリノイ州: 7.3%

ネバダ州: 7.1%

全米平均: 6.1% 

Wall Street English

知ったが仕舞い

Stocks traded sharply higher at midday in anticipation of the bill's passage, but all of those gains were erased after the vote.

修正された金融安定化法案可決が期待され、昼頃、大きく上げていた株式市場だが、可決ニュース発表後急落となり、全ての上げ幅を帳消しにした。

« October 3, 2008 | Home | October 6, 2008 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。