BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« October 1, 2008 | Home | October 3, 2008 »

Thursday October 2, 2008

HEADLINE

US Market Recap 一波乱はグーグルだけではなかった
Stocks You Need To Know About ドル/円
Wall Street English 法案は上院へ

US Market Recap

一波乱はグーグルだけではなかった

水曜の寄付き前、メッセンジャーを使って、馬渕氏(デイトレードネットCEO)から、こういう質問が来た。「GOOGに関してニュースが何かありますか?もの凄いギャップアップの数字が出ていますが。」 


GOOGはグーグルのことだが、実は、前日の大引け直前に一波乱があった。先ず、ニュースレターで説明した、一波乱の部分を抜粋しよう。

下は、グーグル(GOOG)の1分足チャートだ。終了間際の4分間に注目してほしい。

0930goog1min.gif

1、15時57分:高値 483.63、安値 404.04、 出来高 453845

2、15時58分:高値 438.00、安値 41.45、 出来高 444277

3、15時59分:高値 414.15、安値 250.02、 出来高 427532

4、16時: 高値 360.00、安値 323.00、出来高 117242

グーグルが41ドル45セント?本当に、そんな値段で売買されたのだろうか。タイム・アンド・セールスで取引を振り返ってみよう。

0930googtimesales.gif

A、15時58分: 41ドル45セントで100株

B、15時58分: 41ドル45セントで200株

マーケット終了後、ナスダックは、グーグルの一部の取引を無効にすると発表した。ロイターから引用しよう。

「ナスダックからの説明によると、他の証券取引所から転送されてきたオーダーが原因となって、突然グーグルの株価が急落した。そのためナスダックは、午後3時57分から4時2分までのグーグル取引で、425ドル29セント以上、そして400ドル52セント以下で執行された売買を全て無効にすることを決定した。更に、ナスダックは、この決定に対する抗議を一切受け付けないことも付け加えた。」

 

 

というわけで、グーグルの火曜の終値が341ドル13セントと記録されてしまい、水曜、大きな窓を開けての寄り付きになったわけだ。(注:ナスダックは、グーグルの終値を341ドル13セントから400ドル52セントに修正した。)

もちろん、「決定に対する抗議を一切受け付けない」というナスダックの態度が非難されているのは言うまでもないが、火曜の大引け間際に、不規則な取引が生じたのはグーグルだけではなかった。

実は、ゼネラル・エレクトリック(GE)、それにロジャーズ・コーポレーション(ROG)のニューヨーク証券取引所に上場されている銘柄にも、おかしな売買が起きていた。

火曜は9月30日、月末であり、第3四半期の最終日でもあったから、ファンドマネージャーによる「お化粧」が起き易い日だった。もちろん、不正があった、という証拠は無いのだか、投資家たちは、このタイミングに疑問を抱かずにはいられない。

それに、もう一つ、9月30日はヘッジファンド解約申込みの最終日だった。ご存知のように、株の低迷で、多くのヘッジファンドは投資家が満足できるような成績を上げていない。繰り返すが、不正があったという証拠は無いが、こんなタイミングでは火曜の不規則な取引が単なる事故であった、と素直に片付けることができない人たちが多い。

(情報源: http://bigpicture.typepad.com/comments/2008/09/trusting-the-he.html

http://seekingalpha.com/article/98003-not-just-oops-concerns-about-technical-glitches

NWTファイナンシャル・グループのニュースレター(無料)をご希望の方は、下記から申し込んでください。右側のSkypeのサインの下に、メールアドレスを入力してください。

http://www.nwt-jp.com/sec1/index.shtml

Stocks You Need To Know About

ドル/円

日足

1001usd.gif

今夜に、金融安定化法案の改正案採決を控え、ドル/円の動きが注目されている。

Wall Street English

法案は上院へ

Senate to vote Wednesday on rescue package

下院で否決された「金融安定化法案」の改正案が、現在、米上院で検討されている。

実際の採決は、水曜夜7時半に行われ、可決されることが予想されている。

1001cap.jpg

« October 1, 2008 | Home | October 3, 2008 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。