BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« September 30, 2008 | Home | October 2, 2008 »

Wednesday October 1, 2008

HEADLINE

US Market Recap 米下院は、なぜ金融安定化法案を否決したのか
Current Topics また中国の話題
Wall Street English テクニカル・アナリストの一言

US Market Recap

米下院は、なぜ金融安定化法案を否決したのか

米下院の金融安定化法案の否決を受けて、LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)が、史上最高の6.875%に跳ね上がった。それも、一晩で3.388%から6.875%への上昇だから尋常な上げ方ではない。


ロンドンという名前で他人事のように聞こえてしまうが、この金利上昇は、米国市民に嬉しくないニュースだ。多くの金融機関は、LIBORを指標にして学生ローン、住宅担保ローン、クレジットカード、中小企業向けローンの金利を決定しているから、LIBOR金利の上昇はアメリカの家庭に直接的な影響を与える。

しかし、議会通過は、ほぼ間違いないと見られていた金融安定化法案は、なぜ否決されてしまったのだろうか?ワシントンポストのコラムで、ベン・パーシング氏は、こう説明している。

1、ブッシュ政権は、国民に正確な情報を伝えることを怠った。7000億ドルという膨大な数字ばかりがクローズアップされ、実際にはそれ以下の金額で済む可能性があり、使われる税金の一部も国民に戻ってくることに関しては、ほとんど伝えられていなかった。

2、選挙を控える議員たちは、有権者に不人気な金融安定化法案に賛成したくなかった。「私は、この法案を通過させたくなかったのですが、深刻な現状を考えると賛成するしかなかったのです。」こんなことを有権者の前で言おうものなら、おそらく再選は難しくなるだろう。

3、国民の支持率が下がっているブッシュ大統領には、議員たちを説得するだけの力が無かった。それに、年末で任期も終わりだ。大統領に立候補しているマケイン、オバマ両氏も法案に賛成していたが、ブッシュ大統領と同様に、議員たちを説得するだけの力は無かった。要するに、現在のワシントンには、真のリーダーが存在しない。

4、簡単に言ってしまえば、議員たちは、この法案が嫌いだった。保守派議員から見れば、この法案は税金の浪費であり、更に自由市場の理念に反するものだ。リベラル派の議員たちも、ウォール街だけを救済するような法案には賛成したくなかった。

5、議論の最後に、党派的発言をした下院議長が悪い、と両党の主要議員は語っている。

ウォール街が完全に悪役になってしまったが、否決された法案を修正して、何らかの金融安定化法案を可決しないと、LIBOR金利の大幅上昇で分かるように、結果的には消費者が被害を受けることになる。

キャシー・リーエン氏(DailyFX.com)は、こう語っている。

「ウォール街の過ちを、国民の税金で穴埋めするのは間違っている、という意見はもっともです。しかし、アメリカを長い不景気から守りたいなら、どうしてもウォール街を救う必要があります。」

 

0930wallst.jpg

 

(情報源: http://tradermike.net/2008/09/credit_markets_are_still_tight/

http://voices.washingtonpost.com/capitol-briefing/2008/09/why_the_bailout_bill_failed.html

http://seekingalpha.com/article/97928-the-main-street-wall-street-bout-round-two

Current Topics

また中国の話題

How China has created a new slave empire in Africa、「中国は、いかにしてアフリカに新奴隷帝国をつくり上げたか」、というタイトルでMail Onlineは、こんな写真を掲載している。

0930africa.jpg

http://www.dailymail.co.uk/news/worldnews/article-1063198/PETER-HITCHENS-How-China-created-new-slave-empire-Africa.html

 

Wall Street English

テクニカル・アナリストの一言

Despite bloodletting, the worst may be ahead

殺戮のような強烈な下げだったが、最悪の事態は、まだこれからやって来る可能性がある。   マイケル・アッシボー氏(テクニカル・アナリスト)

« September 30, 2008 | Home | October 2, 2008 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。