BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

インフレの心配は無用

Wednesday October 8, 2008

修正された7000億ドルの金融安定化法案が金曜に可決されたが、とうぜん疑問になるのは、この法案で本当に米国経済は救われるのだろうか、というものだ。


そもそも、間違いを犯したのは我々庶民ではない。バカなことをしたウォール街の金融機関が悪いのだから、そんな会社など救済しないで倒産させてしまえばよいのだ、と相変わらず非難の声が絶えない。

話を戻そう。法案は米国を救うことができるだろうか?ニールズ・ジェンセン氏(アブソルート・リターン・パートナーズ)の意見を聞いてよう。

7000億ドルだけでは救済は無理だ。多くの人たちは、住宅ローン担保証券ばかりを見ているが、これは現在米国が直面している問題の一つにすぎない。金融機関による無謀なローンは住宅ローンに限られたことではなく、自動車ローンやクレジットカードにまで及んでいる。考えてみてほしい。これから、続々と自動車ローンの支払いが不可能になる消費者が増えたらどうなるだろうか?クレジットカードの支払いが遅れる人たちが急増したらどうなるだろうか?言うまでもなく、そんな事態が訪れれば、米国は第2の金融安定化法案が必要になる。同様なことがヨーロッパ諸国にも言える。多数の欧州銀行は、米国のように甘い基準で、膨大な金額を消費者に融資していた。

こんな状況だから、ヨーロッパのマーケット関係者たちは、先月発表されたプラス3.3%という、あまりにも強すぎる米国の第2四半期GDPを信じることができなかった。政府が偽造した数字だ、と決め付ける人たちもいたほどだが、これは簡単に説明できる。要するに、この数字は、第2四半期に1バレル101ドルから140ドルまで急騰した原油価格が反映されただけだから、実際の米国経済にはGDPが示すような力は無い。

明確なことは、アメリカは既に不景気であり、それにイギリスも不景気だ。フランスが不景気になるのは時間の問題であり、2009年の第1、第2四半期には、ヨーロッパ全体が不景気になっていることだろう。中国の輸出が、GDPを占める割合は2000年23%だったが、今年この数値は41%に上昇している。米国やヨーロッパの経済状態を考慮すれば、この調子で中国の輸出が伸びることは不可能であり、大幅に下落した中国株式市場は、その予想の正しさを認めている。

こんなことを言って後悔することになるかもしれないが、インフレの心配をする必要な無い。今日の金融危機が、インフレを効果的に退治してくれることだろう。おそらく、今日から1年後にはデフレが話題になっていると思う。

ということで、ジェンセン氏は世界的な不景気でインフレの心配が消えた今日、世界の中央銀行は利下げを実施するべきだと結論し、こう付け加えている。

「バーナンキ・ヘリコプターが、ドル紙幣をばら撒くために、そろそろ離陸することだろう。」

 

1007Ben.jpg

 

(参考にしたサイト: http://www.investorplace.com/experts/nick_atkeson_andrew_houghton/articles/safest-way-to-navigate-the-market-today-part2.html

http://www.investmentpostcards.com/2008/10/07/the-helicopters-are-coming/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。