BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« September 15, 2008 | Home | September 17, 2008 »

Tuesday September 16, 2008

HEADLINE

US Market Recap リーマン・ブラザーズを見捨てた政府の措置は正しいのか?
Stocks You Need To Know About ドル/円
Current Topics ダグ・カシュ氏
Wall Street English 航空会社とは事情が違う

US Market Recap

リーマン・ブラザーズを見捨てた政府の措置は正しいのか?

けっきょく、米政府はリーマン・ブラザーズを救済しなかった。そして、バンク・オブ・アメリカに吸収合併されるという噂は、バンク・オブ・アメリカのメリル・リンチ買収で消え去り、リーマン・ブラザーズは破綻という最悪の結果になった。


これで、大手証券会社を政府が見放す筈が無い、という考えは単なる楽観論にすぎなかったことが証明され、こうなるとアメリカン・インターナショナル・グループ(保険会社)、そしてワシントン・ミューチュアル(銀行)もリーマン・ブラザーズを追って倒産になるかもしれない。

当然の疑問は、リーマン・ブラザーズを見捨てた、政府の判断は正しかったのだろうか?数カ月前、リーマン・ブラザーズよりも規模が小さい、ベアー・スターンズの救済に政府は乗り出した。米国第5位の証券会社を助けたのなら、なぜ全米4位のリーマン・ブラザーズを救済しなかったのだろうか?

ウォールストリート・ジャーナルは、こう書いている。

6カ月前、政府関係者にとって、ベアー・スターンズの予想以上に深刻な経営難は驚きのニュースであり、当時の混乱した金融市場を考慮すればベアーを倒産させるわけにはいかなかった。

現在の状況は、もちろん完全に落ち着いたと言うことはできないが、6カ月前とは違う。連銀は、窓口貸し出しを拡大していたから、金融機関は連銀から金を借りることができた。要するに、リーマン・ブラザーズには6カ月の時間があり、金融市場の変化で経営が突然悪化してしまったと言い訳することはできない。

ティム・ハーブ氏(オハイオ州立大学)も、政府の措置に賛成する一人だ。

リーマン・ブラザーズの社員、そして株主たちにとって破綻というのは悪いニュースだが、企業責任ということを考えると今回の政府の措置は正しかったと思う。政府は、ベアー・スターンズ、ファニー・メイ、そしてフレディ・マックを救済するという前例を作り、まるで保険会社になってしまったようだ。これでは、企業の経営陣に間違ったメッセージを送ってしまう。リーマン・ブラザーズを破綻させたことで、自分の失敗は自分で処理しろ、という政府からの明確なメッセージが企業の幹部に届いたことだろう。

どちらにしても、リーマン・ブラザーズの一件でまた金融市場は混乱状態に陥り、火曜(16日)の連邦公開市場委員会で、金利引下げが実施されるという見方が高まっている。バリー・リットホルツ氏(リットホルツ・リサーチ)の意見はこうだ。

アメリカン・インターナショナル・グループ、ワコビア、それにワシントン・ミューチュアルも危険な状態だが、とにかく私たちはリーマン・ブラザーズ破綻という第一のショック波動を乗り切った。連銀は金利を引き下げる必要はない。それよりも大事なのは、金利を2%に据え置いて、金融危機の終盤戦に備えて肝心な弾薬を保管しておくことだ。ここでの金利引下げは、15年間の景気低迷を経験した日本を真似るようなものだ。

0915lehMO.gif

リーマン・ブラザーズ (月足)

(情報源: http://blogs.wsj.com/economics/2008/09/15/the-government-stood-firm-was-it-the-right-call/

http://www.env-econ.net/2008/09/lehmans-moral-h.html

http://bigpicture.typepad.com/comments/2008/09/a-disasterous-r.html

Stocks You Need To Know About

ドル/円

30分足

0915usdjpy.gif

リーマン・ブラザーズの破綻ニュースでドルが売られている。50%の値戻しレベルがレジスタンスになり、再度105円を割りそうな状況だ。

Current Topics

ダグ・カシュ氏

空売りで有名なカシュ氏だが、金曜(12日)、氏はこう書いていた。

 and initiated a trading long in Merrill Lynch (MER) at $17.50.

「メリル・リンチを17ドル50セントで買った。」

そして日曜、バンク・オブ・アメリカは、資金繰りに苦しむメリル・リンチを約440億ドル(一株あたり29ドル)で買収した。

 

0915mer.gif

メリル・リンチ(日足)

1、金曜、17ドル50セントで、ダグ・カシュ氏買い。

2、月曜寄り付き2時間半後、株価は21ドル20セント。

気がついたことだが、フィボナッチを利用している人なら、カシュ氏と同様に、金曜日に買うことは可能だった。(買わないまでも、金曜の安値が、下げ止まりになるだろう、と予測することはできた。)

 

0915mer2.gif

 

(情報源: http://www.thestreet.com/story/10437285/1/kass-i-nailed-it-on-my-mer-trade.html?puc=newshome

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008091500021&m=rss

Wall Street English

航空会社とは事情が違う

A Lehman bankruptcy is not like an airline bankruptcy, it's not like they can keep flying until they figure it out. Lehman is going away.

リーマン・ブラザーズの倒産は、航空会社の倒産とは全く違ったものだ。たとえ倒産しても、航空会社は解決策が見つかるまで飛行機を飛ばし続けることができるが、リーマンの場合は完全な消滅だ。  アート・ホーガン氏(Jefferies & Co.)

« September 15, 2008 | Home | September 17, 2008 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。