BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« June 18, 2008 | Home | June 20, 2008 »

Thursday June 19, 2008

HEADLINE

US Market Recap The Tappening Project  何のことだ?
Stocks You Need To Know About FedEx Corporation (FDX)
Wall Street English マーケット速報から

US Market Recap

The Tappening Project  何のことだ?

2007年、米国消費者は2006年を12%上回る、168億ドルに相当するボトル入りの水を買った。しかし、業界誌Beverage Digestによれば、この上昇率は最近18年間で最も低い伸びだ。テキサスに在住する、へザー・ケネディーさんは、こう語っている。


「健康的、それに水道の水より安全、と思っていましたが、それは事実ではありませんでした。ボトル入りの水は、お金の無駄使いのような気がします。」

コカコーラ・エンタープライズは、先日、低迷する景気を理由に、ボトル入り水の売上予想を下方修正したが、ウィリアム・ペコリエロ氏(モルガン・スタンレー)は、こう述べている。

「ビタミン・ドリンクや、フルーツの味付けをした水の人気が上がり、消費者たちは単なる水を買わなくなってきました。それに、環境問題も、ボトル入り水の売上に悪影響になりました。ボトルを作るには原油が必要になり、飲み終わった後の空ボトルは、環境汚染につながります。それに、もともとタダの水に、金を払うのもバカらしく感じられるようになったようです。」

アメリカには、The Tappening Projectという、水道の水を飲み水として促進させ、環境に貢献しようというグループがある。11月以来、水道の水を入れるボトル(ステンレス製)は既に20万以上売れ、実際にこれを使っているリンダ・シフマンさんは、こう語っている。

「一つ14ドル50セントで、ステンレス製のボトルを二つ買いました。退職してから、あれこれと節約をしていますが、ボトル入りの水はお金の無駄になるだけでなく環境汚染の原因にもなっています。もう二度と、ボトル入りの水は買いません。」

こんな状況だから、クロロックス社の浄水装置がよく売れている。発表によれば、5月の売上は、二桁の上昇率だ。マサチューセッツに住む、ロビン・イェーガーさんは、こんなことを言う。

「飲み水は水道の水ですが、そのまま飲むのではなくて、浄水した水を飲んでいます。子どもたちは、浄水していない水は、まずくて飲めないと言っています。」

マリオット・インターナショナル本社では、3500人の社員に水を入れるボトルを配り、各階に浄水装置を設置した。シカゴでは、1月からボトル入りの水に5セントの課税を開始した。そして、サンフランシスコの市役所もマリオットのように、ボトル入りの水をやめて浄水器の設置だ。

0618water.jpg

ステンレス製のボトル

(参考にしたサイト: http://www.usatoday.com/money/industries/food/2008-06-17-tap-bottled-water_N.htm?loc=interstitialskip

 

http://kabukeizainani.blogspot.com/

Stocks You Need To Know About

FedEx Corporation (FDX)

日足 (大引けまで約1時間)

0618fdx.gif

がっかりな収益見通しで、ギャップダウンの寄付きとなったが、一先ず1月の安値に支えられている。もちろん、ここから積極的に買えるチャートパターンではない。 

Wall Street English

マーケット速報から

DOW INDUSTRIALS FALL BELOW 12,000 MARK FOR FIRST TIME SINCE MARCH 17

3月17日以来、ダウ指数は初めて12000を割った。

« June 18, 2008 | Home | June 20, 2008 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。