BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« June 7, 2008 | Home | June 10, 2008 »

Monday June 9, 2008

HEADLINE

US Market Recap 後味の悪い記事
Stocks You Need To Know About ドラゴン・フォーム
Current Topics 原油、原油、原油

US Market Recap

後味の悪い記事

先ず、証券株の動きを示す、証券セクター指数(XBD)の週足チャートを見てほしい。最も嫌われているセクターとあって、下降する20週指数平滑移動平均線が壁になり、明確なダウントレンドだ。(注:MACDのヒストグラムには、ダイバージェンスが起きている。)


0607xbdW.gif

そして、下記がこの指数を構成する銘柄だ。

0607xbdcomp.gif

それでは本題に入ろう。

上記の銘柄だけを対象に、アナリストの売買推奨に従って投資したら、どんな結果になっただろうか?言い換えれば、買い推奨が出された時に買い、ホールドに格下げされた時点で手仕舞い、そして売り推奨が出されたら空売る、ということだ。

ブルームバーグが、先週金曜、投資結果を発表しているので、さっそく見てみよう。(調査期間は、2007年6月3日から、2008年6月3日まで。)

0607anabest.gif

Bestの表示で分かるように、これは、最も成績が良かった二人のアナリストだ。

(注: Analystはアナリスト名。 3 month、 6 month 、1 year  は3カ月、6カ月、1年の成績をパーセンテージで表したもの。 # of 1-Year picksは、1年間に何回推奨したかの回数が示されている。) 

0607xbdworst.gif

これは、成績の最も悪い5人のアナリストだ。調査期間中、証券セクター指数は38%の下落だから、上記5人は指数を上回る下げを記録したわけだ。(注:アナリストの平均はマイナス17%。)

誤解しないでほしいのは、アナリストの言うことは当てにならない、と結論したいわけではない。職業柄、アナリストたちは、今回のブルームバーグの調査のように、絶えず評価されている。もちろん、サラリーマンも会社側から仕事ぶりを評価されるわけだが、アナリストのように大衆の面前にさらされるようなことはない。

なぜブルームバーグは、わざわざ最も低迷する証券株を選んで、アナリストの調査をしたのだろうか?上記したように、調査期間中、証券セクター指数は38%の下げ、そしてアナリストの平均成績はマイナス17%だった。極論すれば、アナリストの言うとおりに投資していれば、損額はマーケットの下げ幅以下で済んだわけだから、アナリストの意見はとても重要だ、とも結論できる。

しかし、ブルームバーグのヘッドラインは「アナリスト、投資家の資金を17%失う」、というものだから、最初からアナリストを批判する姿勢が丸見えだ。もちろん、センセーショナルなタイトルでないと、読者にクリックしてもらえない、という事情もあると思うが、正直言って後味の悪い記事だった。

(参考にしたサイト:http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=aTuI17bC.igE&)

Stocks You Need To Know About

ドラゴン・フォーム

先日、ユニークなチャートパターンを紹介したが、BIG WAVEにこんなパターンが載っていた。

0607dragon.gif

どこで買うのだろうか?説明を読んでみることにしよう。

Current Topics

原油、原油、原油

言うまでもなく、先週の大きな話題の一つは、新高値を記録した原油だ。

0607oil.jpg

(オイルトレーダー、写真: ロイター)

金曜、原油は+8.41%の大幅上昇となり、1バレル138ドル54セントで終了した。

JPモルガンのアナリストは、原油は7月にまでに150ドルに達する、という見方を発表している。言い換えれば、原油は格上げされたわけだ。

(参考にしたサイト:http://www.usatoday.com/money/markets/2008-06-06-stocks-friday_N.htm

« June 7, 2008 | Home | June 10, 2008 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。