BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« November 29, 2007 | Home | December 1, 2007 »

Friday November 30, 2007

HEADLINE

US Market Recap ジョンさんが語る正しい予想のしかた
Stocks You Need To Know About マクドナルド
Wall Street English 1970年以来最悪

US Market Recap

ジョンさんが語る正しい予想のしかた

30年くらい前になるが、「ノストラダムスの大予言」、というベストセラーになった本があった。たしか、1999年7の月に人類が滅亡する、という解釈が載せられていたと思うが、嬉しいことにその予言は外れた。言うまでもなく、未来を予知することができれば、株だけに限らず、ビジネスの世界で成功することができる。しかし、そう簡単に将来を見通すことが出来るだろうか?

ここで紹介したいのがジョンさんだ。(写真)

1129jon.png

脊髄性筋萎縮症という不治の病を抱え、車椅子の生活を余儀なくされているジョンさんは、こんなことを言う。「私のような病気を持つ人たちは、22年くらいの寿命しかありません。もちろん、見てのとおり、私はまだ生きています。神様からの祝福、それに毎日が忙しくて、まだ死ぬ時期が来ていません。とにかく、残りの人生を精一杯慈善家として生きていくつもりです。」

慈善活動も一種のビジネスだ。適切なビジネスプランを立てるには、ある程度正確に将来を見通す必要がある。と言っても、別にノストラダムスのような、大予言が要るわけではない。ジョンさんは、こう説明している。

私たちのする多くのことは、将来を見通すこと無しで、やることはできません。たとえば、会社勤めの人ですが、今年も給料を払って貰えるだろう、という見込み無しでは毎日通勤することなどできません。もし株をやる人なら、値上がりしそうだ、という予想なしで買うことはできません。

肝心なことは、どうやって正しい予想をするかです。ある投資家が、マイクロソフトを買って損をしました。そこで、今度はグーグルを買うことにしました。また、この投資家は損をするでしょうか?もちろん、二社は同じ会社ではありませんから、過去のマイクロソフトの投資結果を使って、グーグルの投資結果を予想することはできません。

多くの人は、過去こうだったから、将来はこうなるだろう、と間違った予想の仕方をしています。そうではなくて、大切なのは原因と結果です。マイクロソフトで失敗した原因は何だったのでしょうか?おそらく、アップルやソニーなどのライバルを無視したためではなかったでしょうか?

実例を挙げましょう。不動産のセールスをしている友人がいます。データによれば、物件を売るには、3、4カ月の時間がかかるのですが、友人は2カ月以内で売ってしまいます。何故でしょうか?彼は、最近売れた物件の全てを調査しています。いくらで売れたのか?何カ月かかったのか?何故その値段で売れたのか?とにかく、集められるデータを全て集めます。ですから、お客さんに適切なアドバイスができるのです。

3、4カ月かかるという調査結果なら、自分の物件が売れるには、それくらいの時間が要る、と結論してしまう。ようするに、過去がこうだから、将来もこうなる、という間違った予想方法だ。そうではなくて、原因/結果という形で見ると、ああいう売り方(原因)をしたから、3、4カ月かかった(結果)ということになる。ジョンさんの言っていることは、正しいと思う。しかし、それが出来るようになるには、かなりの経験をつむ必要があるような気がする。

(参考にしたサイト:http://www.onmoneymaking.com/how-to-build-a-crystal-ball-and-predict-the-future.html

Stocks You Need To Know About

マクドナルド

Stifel Nicolaus社から買い推奨が出たが、今のところ、まだ三角形から抜け出すことができない。

1129mcd.png

日足(大引けまで1時間45分)

Wall Street English

1970年以来最悪

New home prices were down 13% in October, yet sales pace still falls well short of forecasts. (CNNニュース)

10月、新築住宅価格が13%下がったにもかかわらず、販売件数は予想を大きく下回った。

1129home.png

« November 29, 2007 | Home | December 1, 2007 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。