BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« November 22, 2007 | Home | November 26, 2007 »

Saturday November 24, 2007

HEADLINE

US Market Recap ブラック・フライデー
Stocks You Need To Know About Eトレード
Wall Street English ヤフーのアンケート

US Market Recap

ブラック・フライデー

感謝祭の翌日は「ブラック・フライデー」と呼ばれ、いよいよ、クリスマス・ショッピング・シーズンが始まった。真夜中の営業開始も一般的になり、テレビでは、買い物客が押し寄せるショッピングセンターの模様を報道している。

1123wmt.png

(写真: CNNより)

ブラック・フライデーの目玉商品は何だろうか?電化製品のディスカウントショップ、ベストバイを見てみると、パナソニック・40インチ・ハイビジョンテレビ(900ドル、約97000円)、サムスン・40インチ・ハイビジョンテレビ(900ドル、約97000円)、そしてソニーのノート型パソコン(399ドル、約4万円)が人気のようだ。

コンファレンス・ボードの調べによると、一世帯当たりの買い物予算額は471ドル(約5万円)になり、去年の449ドルを約4.8%ほど上回っている。次に、全国小売連盟(NRF)からの発表を見てみよう。

今年のクリスマス・シーズンの売上は、4.0%増が予想され、総額は4745億ドル程度になるだろう。住宅市場のスランプ、信用収縮などが主な原因となって、個人消費は控えめになりそうだ。

+4.0%という予想は、さぞ小売業者をガッカリさせたことだろう。過去10年間を振り返ってみると、+4.8%が平均の上昇率だ。

ロイターはこう報道している。

38.8%の消費者が、今年のクリスマスは去年より買い物予算が少ない、とアンケートに答えている。1カ月前の調べでは、この数字は31.1%だった。

「多くの人たちが、不景気だと語っています。1バレル当たり、原油は100ドルに迫り、ガソリン高という形で消費者を襲っています」、とゾグビー・インターナショナルのジョン・ゾグビー氏は言う。

さて、去年以上の買い物を予定しているのは10.7%に当たり、1カ月前の18.3%から大きく下げている。去年と同程度の予算、と答えたのは49.3%だ。

USA TODAYの掲示板を覗いてみよう。

・50%の割引?それでも小売店は儲けがある?クリスマス以外の月は、いったい原価に何パーセント上乗せされているのだろう? pj48bさん

・現在時刻は8時半。ここミルウォーキーのショッピング・センターは、テレビで報道されているような混雑はありません。店員は退屈そうな顔をしています。 Priv8lifeさん

・アメリカ人はショッピング中毒だ! John in NC2 さん

・朝5時に買い物?バカらしい話です。 judas96 さん

・日の昇る前から買い物、考えられない行動です。もっと有意義な時間の使い方があるはずです。たとえば、家族揃ってのだんらんです。 Rick in PHXさん

・ブラック・フライデーの買い物客は態度が悪い。今年の客は最低だ! wallyac さん(小売店勤務)

(参考にしたサイト: http://money.cnn.com/2007/11/23/news/economy/black_friday/index.htm?postversion=2007112310

http://www.reuters.com/article/ousiv/idUSN2059351020071121?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

http://bigpicture.typepad.com/comments/2007/11/black-friday-1.html

http://www.usatoday.com/money/industries/retail/2007-11-23-friday-shopping_N.htm

 

Stocks You Need To Know About

Eトレード

3分足

1123etfc.gif

TDアメリトレード、またはチャールズ・シュワブに買収される可能性が報道され、ギャップアップとなったEトレード。

 

Wall Street English

ヤフーのアンケート

1123yhoo.png

金融銘柄が大きく下げましたが、ここが買いチャンスだと思いますか?

回答:

はい。リスク/リワード比が魅力的です。 41%。

いいえ。まだまだ悪材料が出てくると思います。59%。

回答者数: 71582

« November 22, 2007 | Home | November 26, 2007 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。