BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« November 10, 2007 | Home | November 13, 2007 »

Monday November 12, 2007

HEADLINE

US Market Recap 資金はどこへ向かう?
Current Topics 経済カレンダー
Wall Street English ある投資アドバイザーのコメント

US Market Recap

資金はどこへ向かう?

二週間連続の嫌な下げ方で、さすがに不安になり始めた人たちが多いようだ。既に11月、強い相場で知られる年末が近いが、もう4年以上も続いたブルマーケットを考えると、今回は例外かもしれない、と思ってしまっても仕方ない。さて、投資家たちは、どうポートフォリオを調整するだろうか?

1、国債の比重を増やす

「経済が下向きになれば、多額の資金が、株式市場から国債市場へ移動することでしょう。ですから、国債10年物を買い足すことを考えてください。」 バーナード・バウモール氏(The Economic Outlook Group)

2、高配当銘柄に注目

「巨大国際企業は、ある程度経済が悪くなっても、高い配当金を継続することができます。例をあげれば、ExxonMobil(XOM)、Chevron(CVX)、IBM(IBM)、American International Group(AIG)といった銘柄です。」 ボブ・ドール氏(BlackRock Inc)

3、外国株

米国経済に冷えこみが見られる今日、海外の株が、よりいっそう魅力的になった、と言うアナリストもいる。

「フランスが第1候補です。Total SA(TOT)、France Telecom(FTE)は有望な銘柄です。アジアなら、韓国のPosco(PKX)、それと台湾のTaiwan Semiconductor(TSM)です。」 オードリー・カプラン氏(Federated InterContinental Fund)

4、エネルギー・セクター

原油の上げが止まらない。引き続き、エネルギー株が投資対象になりそうだ。チャールズ・ロットブルット氏(Zacks)は、次の銘柄を買い候補にあげている。Schlumberger(SLB)、National Oilwell Varco(NOV)

5、金融セクター

銀行、証券会社、保険会社と言えば、サブプライム問題で最も嫌われているセクターだ。かなり売り叩かれた銘柄が多いから、そろそろ買いを検討する人たちが現れるだろう。

「現段階では、金融銘柄の積極的な買いは控えています。しかし、2008年の第1四半期あたりから状況は大きく変わってくるでしょう。」 コーマル・スリ・クマー氏(TCW) ということで、シティグループ(C)やメリルリンチ(MER)は来年の注目銘柄だ。

1110eco.png

(参考にしたサイト:http://www.marketwatch.com/news/story/story.aspx?guid=%7BAAFDCAFC%2DFF06%2D492F%2DBFD2%2D022B960E93C4%7D

Current Topics

経済カレンダー

11月14日: 小売売上(10月分)

    14日: 生産者物価指数(10月分)

    15日: 消費者物価指数(10月分) 

    16日: 鉱工業生産指数(10月分)

1110bb.png

 

Wall Street English

ある投資アドバイザーのコメント

金曜のギャリー・カルトバウム氏のコラムに、こんな一文があった。

I believe the NASDAQ topped yesterday.

昨日、ナスダックの天井が確認されたと思う。

1110gk.png

カルトバウム氏

« November 10, 2007 | Home | November 13, 2007 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。