BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« November 8, 2007 | Home | November 10, 2007 »

Friday November 9, 2007

HEADLINE

US Market Recap ベアがブルになった
Stocks You Need To Know About グーグル
Wall Street English 危険な中国製品

US Market Recap

ベアがブルになった

バーナンキ連銀議長は、木曜、急騰する原油価格などが原因となって、インフレ率の上昇と経済成長が減速する可能性があることを議会で証言した。早速、これは売り材料になり、現在S&P500指数は約1.2%ほど下げている。

特に、インッターネット銘柄に売りが集中し、このセクター指数は3%を超える大きな下落だ。さて、インターネットと聞くとグーグルを思い浮かべる人が多い。最近では、11月5日、オッペンハイマーのアナリストは、グーグルの目標株価を700ドルから850ドルに引き上げている。

ブレット・アレンズ氏(ファイナンシャル・コラムニスト)は、こんなことを書いている。

投資者は、100、200、といった区切りの良い数字が好きだ。そこで、グーグルが1000ドルになったと仮定すると、時価総額は約3100億ドルになる。巨大企業であることは言うまでもないが、エクソン(4860億ドル)、ゼネラルエレクトリック(4120億ドル)、マイクロソフト(3440億ドル)の規模には及ばない。しかし、アップルのほぼ2倍だ。

さて、グーグルが1000ドルを達成できるかどうかは別として、株価が上げやすいのは、マーケット全体が好調なブルマーケットだ。相場のムードが冷え込んでいては、少しくらい良いニュースを発表しても、大して買い手は集まらない。11月に入ってから、パッとしない米国株式市場だが、弱気論だったダグ・カシュ氏(シーブリーズ・パートナーズ)が、年末ラリー予想を発表した。

年末年始は、季節的に株が強いことで有名だが、なぜベアのカシュ氏がブルになったのだろう?氏は、こう説明している。

・経済

下向きになった個人消費、それに更なる悪化が予想される住宅市場だが、それらはあまりにも語り尽くされ、既に株価に織り込み済み。

・サブプライム

強気な見方をしていた人たちのほとんどが、金融業界からの悪い決算を見て、サブプライム問題は、予想以上に深刻であることを認めた。したがって、この材料も株価に織り込み済みだ。

・投資心理

ヘッジファンドによる空売りが、目だって増えている。これだけ、皆が弱気なのだから、一時的な底が近い可能性がある。

1108bear.png

(参考にしたサイト: http://money.cnn.com/2007/11/08/news/economy/bernanke/index.htm?postversion=2007110814

http://www.thestreet.com/s/1000-google-sure-but-why-bother/newsanalysis/investing/10388795.html

http://www.thestreet.com/s/kass-this-bear-sees-a-year-end-rally/newsanalysis/newsonthego/10389050.html

Stocks You Need To Know About

グーグル

10分足 (大引けまで40分)

1108goog.gif

昼過ぎ、底を打ったグーグルだが、何に支えられたのだろう?日足チャートを見ていただくと分かるが、グーグルは20日移動平均線がサポートになって、反発の開始だ。

Wall Street English

危険な中国製品

USA TODAYからのヘッドラインを見てみよう。

Recalled toys contain chemical linked to date-rape drug

リコールされたオモチャに、date-rape drug(デートレイプ薬)と同じ成分が含まれていた、という信じられない話だ。

1108aqua.png

(リコールされた中国製品AQUA DOTS)

既に400万以上売れたというから、間違いなく人気商品だ。間違ってビーズを飲み込むと、全く体が動かなくなり、これまで二人の子どもが昏睡状態に陥ったことが報道されている。

http://www.usatoday.com/money/industries/retail/2007-11-07-toy-recall-chemicals_N.htm

« November 8, 2007 | Home | November 10, 2007 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。