BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« November 2, 2007 | Home | November 5, 2007 »

Saturday November 3, 2007

HEADLINE

US Market Recap 最も嫌われているセクターを見てみよう
Stocks You Need To Know About 半導体セクター指数
Wall Street English 雇用統計

US Market Recap

最も嫌われているセクターを見てみよう

佐藤新一郎氏(投資顧問)が、こんなことを書いておられた。「不思議なもので、300円の株が350円になったときはなかなか買えないものが、連日上昇し、900円になるとまだまだ上がるような気がして、非常に買いやすくなります。」大衆心理を、的確に言い表した言葉だと思う。

急騰する株は、マスコミにも取り上げられ、更に人気化が進んで行く。新聞、ラジオ、テレビしかなかった時代とは違い、今はインターネットがあるから、話題の銘柄を見つけるのも簡単になった。

「300円の株が350円になったときはなかなか買えない」、と同様に、安値更新銘柄も買いにくいものだ。安く買って高く売る、と一口で言っても、叩かれた株はいつ上がるかサッパリ見当がつかない。しかし、一桁台まで売られたアップル(AAPL)が、現在180ドル台で取引されているのを見ると、完全に売り叩かれた株を無視するのも勿体ない。

現在アメリカで、嫌われている株と言えば住宅建築銘柄だ。先月24日の報道によれば、9月の中古住宅販売件数は8%減になり、1999年以来最悪のレベルに落ち込んだ。いつになったら回復するのか、全くめどの付かない状態だが、ここでハリー・ドマッシュ氏(winninginvesting.com)の話を聞いてみよう。

毎日のように、下げ止まらない住宅価格、などといったニュースを聞いていたら、誰でも買う気がなくなってしまう。ようするに、消費者は住宅価格の下落にブレーキがかかり、安定の兆しが見えるのを待っているわけだ。

多くの住宅建築銘柄が半値以下になっている。今直ぐは無理としても、カムバックできるのは時間の問題だ。もちろん、全ての住宅株が生き残る保証は無い。大切なことは、条件の揃った成長を見込める株だけを買うことだ。

条件として、ドマッシュ氏は次の要素をあげている。

・負債資本比率は業界平均より低いこと。

・投資利益率は、過去5年平均で10%以上あること。

・アナリストの格付けは、平均で3以上あること。(5が強い買い、そして1が強い売り推奨。)

以上の条件が揃う銘柄は現在4つある。

(注:これらは投資アイデアであり買い推奨ではない。)

・Lennar Corp. (LEN)  ・MDC Holdings Inc. (MDC)   ・NVR Inc. (NVR)  ・Toll Brothers Inc. (TOL)

ドマッシュ氏は、更にこんなことを指摘している。「Lennar Corp. (LEN)とMDC Holdings Inc. (MDC)は、下落の著しいカリフォルニア州で営業していることを考慮すると、現在投資対象になるのは、NVR Inc. (NVR)とToll Brothers Inc. (TOL)の二社だけだ。」

1102hd.png

ドマッシュ氏

(参考にしたサイト:http://biz.yahoo.com/rb/071024/usa_economy.html?.v=4

http://articles.moneycentral.msn.com/Investing/SimpleStrategies/BetNowOnTheRealEstateRebound.aspx?page=1

Stocks You Need To Know About

半導体セクター指数

日足

1102smh.png

明確な下げ基調だが、まだ下げは続くだろうか?週足チャートを見てほしい。

1102smh2.png

33ドル付近に、サポートサポートラインが走っている。そろそろ反発の可能性がある。

Wall Street English

雇用統計

10月の非農業部門新規雇用者数は、予想された+9万3000を上回る、+16万6000という好結果だった。早速、こんな意見が出ている。

The stronger-than-expected payroll report makes it less likely that the Federal Reserve will cut interest rates in December.

予想以上に強い雇用状況で、連銀が12月に金利を引き下げる可能性が低くなった。

1102ow.png

« November 2, 2007 | Home | November 5, 2007 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。