BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

大企業が教えてくれたこと

Wednesday November 28, 2007

イーデス・ヤンさんは、16才の時、たった一人で香港からアメリカに来た。多くの移住者がそうであるように、ヤンさんも最初は英語で苦労したが、3年半で大学を卒業した。大企業に就職し、順調にアメリカでの生活を続けたが、どうも仕事が面白くない。けっきょく起業家に転身し現在に至るヤンさんは、当時を振り返って、会社勤めから学んだ99項目を挙げている。いくつか見てみよう。

・会社にいる頃は、上司や同僚が、自分のことをどう考えているだろうか、ということばかりを気にしていた。全く精神的に良くないことだ。

・アインシュタインの言葉に、「毎日同じことを繰り返して、違った結果を期待することほど馬鹿げたことはない」、というものがある。正に、それがサラリーマンの生活だ。

・自分が本当にやりたいことをする時、不満や愚痴が無くなる。

・好きな仕事ができるなら、どんな早起きも苦にならない。

・好きな仕事をしている人は、健康管理にも気をつかう。

・重要なのは他人の意見ではなく自分の意見だ。

・状況を変えたければ、先ず自分が変わることだ。

・はっきりとした確信が無くても、先ずやってみることが肝心だ。

・それは危険だからやめた方が良い、という言葉を鵜呑みしてはいけない。そんなことを言う人は、実際にそれをして、失敗した経験があるわけではない。

・見つけようとするのではなく、作り出すことを考えよう。

・エキスパートになろう。多くのことに手を出す必要はない。1度に10の物事をするより、一つのことを10回繰り返した方が効果的だ。

・意見を聞くなら、実際に成功している人からだけ聞こう。

・あなたの最高の製品を、先ず客に無料で使ってもらおう。

・問題が起きた時の解決方法が分かっていれば、どんな製品でも売ることができる。

1127ey.png

ヤンさん

(参考にしたサイト: http://www.edithyeung.com/2007/06/19/99-life-lessons-learned-from-quitting-corporate-america/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。