BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

不景気を予想するのは民主党関係者?

Tuesday November 27, 2007

200万ドル、円に換算すれば約2億1680万円。これは、ウォール街のインベストメント・バンキング担当責任者の平均ボーナスだ。去年の額を10%ほど上回っているというから、サブプライムや信用収縮で苦しむ金融業界の話はウソだったのか、と思ってしまう。

さて、億単位のボーナスから、もっと現実的なUSA TODAYに掲載された記事へ移ろう。

デトロイトに在住するベッキー・カーさん(28才)は、米国経済の先行きに悲観的だ。理由は三つある。

・近所で増えている差し押さえになった住宅。
・値上がりの続くガソリンと灯油。
・不安定な雇用状況。

「知人の多くが失業してしまいました。なかなか仕事が見つからないので、南部の州へ行った人たちもいます。たくさんの住宅が売りに出されていますが、もう1年以上も経つのに全く売れません。こんな状態ですから、私は節約を心がけています」、とカーさんは言う。

アメリカは不景気に陥るのだろうか?全米企業エコノミスト協会(NABE)の調べによると、向こう12カ月以内に、米国が不況に襲われる確率は50%以上と答えたエコノミストは18%に当たり、8月の11%から大きく増えている。

なるほど。しかし、増えたとはいっても、数値はたったの18%だから、不況を予測しないエコノミストの方が圧倒的に多いわけだ。もちろん、不景気/好景気というのはあまりあてにならない言葉だ。ある程度景気が冷え込んでも、億単位でボーナスを貰っている人は、おそらく何も違いを感じないことだろう。逆に、世の中がどんなに好景気でも、職を失ってしまえば最悪な不景気だ。

ここで、ジャーナリストによって味付けされていない、掲示板の書き込みを見てみよう。

・不景気を予想するのは、ブッシュ大統領を嫌う民主党の関係者だ。過去2四半期を振り返ると、米国経済は4%の割合で成長している。低失業率、それにインフレの心配もない。アメリカの経済は健全だ。 OneCaGuy12347さん

・景気は単に循環しているだけだ。調子の良い時は、無謀なことをして、もっと金を儲けようとする。しかし、そんなことは長続きしない。大ヤケドをして、また元に戻るだけだ。 truckmanさん

・ニュースによれば、感謝祭の週末は、どこのショッピング・センターも混雑したというから、消費者は経済の心配などしていないと思う。 real_samさん

・住宅市場がこうなってしまったのは、サブプライム・ローンを利用して家を買った人たちの責任だ。本来なら、住宅を購入することなど不可能な人たちが、サブプライム・ローンのお陰で家を買うことができた。結果的には住宅価格が急騰し、一般庶民が手の届かないレベルまで上がってしまった。  steveno94さん

・これからは、信用の低い人たちが金を借りるのが難しくなる、と報道されているが、それが当然なことではないだろうか? Fun Bobbyさん

・サブプライム・ローンは、低所得者にマイホームの夢を一時的に与えた。そして、支払いが不可能になった今日、納税者に彼らの借金が回って来た。 whazupさん

1126sub.png

(参考にしたサイト: http://biz.yahoo.com/rb/071121/wallstreet_bonuses.html?.v=3&.pf=career-work

http://www.usatoday.com/money/economy/2007-11-25-credit-crunch_N.htm

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。