BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

値下げをするから売れない!?

Thursday November 22, 2007

サブプライム問題で、銀行は金を貸し渋るようになった。少し話はそれるが、どの銀行も被害者です、といった顔をしている。そもそも、無茶な融資を連発したのは銀行などの金融機関だ。更に、サブプライムローンは不動産担保証券化され、証券会社、銀行、ヘッジファンドなどが積極的に投資した。

しかし、住宅市場は大スランプに陥り、当然のことながら、不動産担保証券や債務担保証券も大幅に下がった。お陰で、大手金融会社は膨大な評価損を計上し、正に首が回らなくなった。

自分たちが間違った投資をしたのだが、ここで金融機関は、バーナンキ氏(連銀議長)に泣きついた。「このままでは、米国経済が不景気になってしまいます。今こそ、国民のために金利引下げが必要です。」

しかし、バーナンキ氏も人が良い。自らインフレ懸念を語っていたにもかかわらず、駄々をこねるウォール街の願いを聞き入れて、二度にわたる利下げを実行した。

おっと、こんなことを書くつもりではなかった。本題へ移ろう。

住宅市場の低迷で、とにかく家が売れない。(もちろん、買いたくても、銀行が金を貸してくれない。)家を建てたものの、肝心な買い手が現れないから、建築業者は次々と物件を値下げしている。しかし、それでも買い手が現れない。何故だろうか?

デーブ・サイダーズ氏(経済学者)は、こう語っている。「住宅の値下げが頻繁になると、消費者は更なる値下げを期待するようになり、買い控えの現象が起きます。」デービッド・ゴールドバーグ氏(UBSインベストメント)も、同様な意見だ。「事態を好転させたいなら、建築業者は、一致団結して値下げをやめるべきです。全社そろってやるのです。一社でも、値下げをするところがあってはダメです。」

具体的な例を見てみよう。

アリゾナに本社を置く建築会社メリテージ・ホームズは、物件によって4割近い大幅な値下げを実行した。さすがに破格な値段とあって、多くの見込み客が家を見に来たのだが、スティーブン・ヒルトン氏(メリテージ・ホームズ経営責任者)は、こう話している。「絶好の買いチャンスです。一カ月前と比べたら、夢のような値段です、などとセールスマンが言おうものなら、全く客は買ってくれません。」

明日は感謝祭、こんなことばかり書いていると感謝の気持ちが無くなってしまう。チャールズ・カーク氏(カーク・レポート)は、「私の感謝するもの」、と題して以下をあげていた。

・健康であることに感謝します。

・いつも良き協力者の妻に感謝します。

・私のトレード向上を助けてくれた人たちに感謝します。

・亡くなる前に、叔母さんと最後の食事が出来たことに感謝します。

と他にも色々記されていたが、さて、私も与えられた命に感謝しよう。今日もつまらないとりとめのないいことを書いてしまった。

1121tky.png

(参考にしたサイト: http://www.thekirkreport.com/2007/11/things-im-most.html

http://www.marketwatch.com/News/Story/Story.aspx?guid=%7BAD0D9555-0E40-4434-9829-B76BACEC1437%7D&siteid=nwhpf

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。