BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

FOMC議事録から

Wednesday November 21, 2007

公表された議事録には、連銀は2008年度の米国経済最長率を、2.5%-2.75%増から、1.8%-2.5%増に引き下げていることが記されていた。これに関して、デービッド・レスラー氏(野村証券)は、こんな感想を述べている。

I am surprised that their forecast for next year is as low as it is.

来年度の予想が、ここまで低いとは驚きです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。