BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

トレーダーの敵

Thursday November 15, 2007

トレード心理の研究で有名なブレット・スティーンバーガー氏は、先日のコラムで、時おりトレーダーが経験する精神的な疲れについて触れている。先ず、症状から見てみよう。

1、やる気が無い

単に気が進まないというだけでなく、意識的にトレードを避けようとする。

2、不信感

うまく行く筈がない、またマーケットに裏切られるに決まっている、とトレードを始める前から悲観的な考えに支配されてしまう。

3、疲労感

積極的にトレードに臨まなくてはいけないのは分かっているが、肉体的心理的な疲労感で、全くテキパキとトレードができない。

4、睡眠障害

よく眠れない、または十分過ぎる睡眠時間なのに、爽快な気分で起きることができない。

5、薬物乱用

酒、タバコ、睡眠薬を使って気分を晴らそうとする。

解決方法

気が進まない、やる気が無いというのは、あなたの意志が弱いからではない。どんなに自分自身を励ましても、精神的な疲れがたまっていると、なかなかやる気を引き起こすことは難しい。そんな時はトレードから離れて、適度な運動、そして十分な休憩を取ることが大切だ。それでも疲れがとれないなら、医師に診てもらうことを勧めたい。

あなたのトレードを見直してみよう。適切なゴールが設定されているだろうか?たとえば、3万ドルの口座で、毎日5000ドルの利益を上げるといった実現不可能な目標では、単に精神的な負担になるだけだ。

だらだらとトレードしていないだろうか?トレードも仕事なのだから、きちんと時間を守らなくてはいけない。マーケット開始から終了まで、絶えずトレードチャンスがあるわけではないから、トレードは最初の2時間だけ、といった形で自分のスケジュールを作ろう。毎日長時間モニターを見ていたのでは、言うまでもなく、必要以上の疲れをためてしまう。

1114bsb.png

スティーンバーガー氏

(参考にしたサイト: http://traderfeed.blogspot.com/2007/11/psychological-burnout-and-trading-five.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。