BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

ドル安、原油高、さて何を買う?

Thursday November 8, 2007

「海外の中央銀行は、金利を引き上げているのに、米国は逆に最近二度も金利を引き下げた。これが意味することは、ドル安やインフレを懸念する連銀の態度は、単なる見せかけだったのだ。」いつもストレートな、投資アドバイザー、ギャリー・カルトバウム氏の言葉だ。更に氏は、こう続ける。

「政府は、アメリカにインフレは存在しないと言う。正に、その通りだ。もし、あなたが何も食べず、ガソリンを使わず、タバコを吸わず、保険料金を払わず、ヘルスケア製品も買わないなら、たしかにアメリカにインフレは存在しない。ようするに、あなたが既に死んでいるなら、インフレの心配をする必要は全く無い。」カルトバウム氏は、石油、資源、金、銀、太陽エネルギー関連銘柄への投資を推奨している。

最近、多くのアナリストが言うことは、ドル安は更に進む、原油は1バレルあたり100ドルに達する、という二つだ。言い換えれば、原油を買ってドルを売れ、ということになる。しかし、ご存知のように、皆が同意見の時は、株価が目先の天井/底であることが多い。もちろん、今直ぐに逆張りをしよう、という話ではなく、先ずチャートパターンから確認シグナルを得なくてはいけない。

先物用の口座が無くても、株の口座があれば、ドル、原油の動きに連動する上場投信に投資することができる。少し変わった上場投信を紹介しよう。

1107uup.gif

長い名前だが、上は、PowerShares DB US Dollar Index Bullish (UUP)の日足チャートだ。Bullish(強気)、という言葉で分かるように、この投信は、米ドルが主要通貨(ユーロ、円、英国ポンドなど)に対して強くなると、上がる仕組みになっている。底を形成し始めたら、抵抗線やトレンドラインを使って、買いのタイミングを計ってみよう。

1107dug.gif

UltraShort Oil & Gas ProShares (DUG)

DUGは、原油価格が下がると上がる仕組みになっている。個別銘柄オプションに例えて言えば、株価が下がると思う時に買う、プットオプションのようなものだ。見てのとおり、レンジ内での動きが続いているから、ブレイクアウトでの買いを考えている人が多いことだろう。

(参考にしたサイト:http://seekingalpha.com/article/50863-jeffrey-saut-long-the-dollar-short-the-crude

http://www.tradingmarkets.com/.site/stocks/commentary/fivesftm/-71729.cfm

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。