BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« August 24, 2007 | Home | August 27, 2007 »

Saturday August 25, 2007

HEADLINE

US Market Recap 47才の新人デイトレーダー
Stocks You Need To Know About 住宅建築銘柄
Wall Street English 金曜のマーケット

US Market Recap

47才の新人デイトレーダー

あなたは、なぜ現在の職業を選んだのだろうか?ブルライダーとしてロデオで活躍した、フレックレス・ブラウン氏は、こう語っている。「私がブルライダーになったのは、真面目に会社勤めをする気がなかったからだ。かと言って、泥棒になるわけにもいかないしね。」著名トレーダー、ラリー・ウィリアムズ氏は、冗談まじりに、こんなことを言う。

「私のトレード人生は、オレゴン州のポートランドで始まりました。メリルリンチの営業マンと知り合いになり、さっそく口座を開設しました。結果は半々でした。営業マンは手数料で儲けましたが、私の方は損ばかりです。」

なぜトレードをするのですか?デナリ・トレーダーとして知られるジェフさんは、こう回答している。

「初めて株を買ったのは18才の時です。証券マンから7銘柄ほど勧められ、その中から一つ買いました。3年後には、3倍以上になり完全に株中毒になりました。

大学にいる頃は、どうして株価は動くのだろう、という疑問を解決するために、毎日図書館へ通いました。6カ月で120冊のマーケットに関する本を読みましたが、全く成果が上がりませんでした。一株利益、売上成長率、配当利回り、といった知識は身につきましたが、単にそれだけの話です。ということで、行き着いたところはチャートです。チャートの読み方を習得したお陰で、株の儲けだけで、大学最後の年の授業料を全てまかなうことができました。

卒業後はハイテク企業に就職しました。とうぜん、スイングトレードが中心です。しかし、日に日にデイトレードに対する興味は募るばかりだったので、私はこんな計画を立てました。とにかく金を貯めて、娘の大学卒業を待とう。フルタイムのデイトレーダーになるのはそれからだ。」

離婚、両親の病気などで計画は遅れた。しかし、47才の今日、ジェフさんは念願のフルタイム・デイトレーダーとして、新しい人生を始めている。

トレードで独立しよう、と考えておられる方もいることだろう。ラリー・ウィリアムズ氏は、新人トレーダーに、こうアドバイスしている。

「トレードで成功したいなら、このことを良く理解してください。信号が、完全に青信号になるのを待ってはいけません。誰が見ても青信号なら、その株は既に天井近辺です。新人トレーダーは慎重すぎるあまり、チャート上に、これとあれとこれの条件が、全て揃ったら買おうとします。そんな全ての条件が出揃った状態では、大きく儲けることはできません。」

0824lw.jpg

ラリー・ウィリアムズ氏

(参考にしたサイト: http://trader-denarii.blogspot.com/

Stocks You Need To Know About

住宅建築銘柄

金曜、予期せぬ新築住宅販売件数上昇のニュースが発表された。さっそく、住宅建築銘柄に連動する、SPDR S&P Homebuilders (XHB)の日足を見てみよう。

0824xhb.gif

陽線だが、上がったと言えるほどの線ではない。注目してほしいのは出来高だ。昨日の半分にも満たない。たしかに販売数は増えたかもしれないが、投資者たちは、それは単なる一時的なもの、と取ったようだ。

Wall Street English

金曜のマーケット

ダウ指数は100ポイントを超える上げとなり、こんな説明がされていた。

U.S. stocks climbed Friday, positioning the major indexes for weekly gains, after an unexpected rise in new home sales jump-started thinking that the worst of the subprime mess could be over and a recession avoided.

予期せぬ新築住宅販売件数の上昇で、サブプライム問題の最悪な状態は既に過去の物となり、米国経済は心配された不景気を回避できる、という見方が強まった。

« August 24, 2007 | Home | August 27, 2007 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。