July 2007 のトップ・ストーリー一覧

July 2, 2007

exchanges.nyse.com

世の中、ブログが主流になった。以前なら、ホームページを作ってみました、といった表現だったが、最近は、ブログを始めました、と言う人がほとんだ。ところで、皆さんはニューヨーク証券取引所のブログをご存知だろうか?さっそくアクセスしてみよう。......

"July 2, 2007" の記事を読む »»

July 3, 2007

化石燃料は枯渇する?

高くなったガソリン。夏休みを待っていたように値上がった航空料金。全て欲の深い、オイル会社の責任だ、とアメリカの消費者は熱くなっている。しかし、米国石油協会の調べによれば、アメリカの消費者は、基本的なオイル業界の知識を欠くと言う。そこで、さっそくCNNマネーは、あなたのオイルIQに挑戦だ。......

"July 3, 2007" の記事を読む »»

July 4, 2007

弱気論はゼロ

さて、独立記念日、休みになるのは嬉しい。しかし、木金は出勤の人も多いから、何となく中途半端な休日だ。今年も既に6カ月が過ぎ、トレードを振り返ってみるには、良い機会かもしれない。 昨日のコラムだったか、マーク・ハルバート氏が、業界トップのニュースレターは、いまだに強気、といったようなことを書いていた。少し読んでみよう。 ......

"July 4, 2007" の記事を読む »»

July 6, 2007

原油高、注目銘柄はどれ?

原油が、1バレルあたり70ドルを突破した。航空会社には頭の痛い話だが、他には、どんな会社が影響を受けるだろうか?さっそく、幾つか見てみよう。......

"July 6, 2007" の記事を読む »»

July 7, 2007

小売セクター、なぜ従業員を増やさない?

小売セクターの雇用状況が悪化している。CNNニュースによれば、2006年1月から2007年5月までの17カ月間を振り返ると、雇用者数が減った月数が、雇用者数が増えた月数を上回っている。同時期、低迷が続く不動産業界でさえ、2万4000を超える新規雇用があった。小売セクターは、不況に陥るのだろうか?......

"July 7, 2007" の記事を読む »»

July 9, 2007

ニュースレターとゴールド

金には、5700年の投資歴史がある、とキットコ・ブリオンのジョン・ナドラー氏は言う。先週水木の二日間で、約9ドルの下落となった金だが、金曜の取引では、その下げ幅の三分の一以上を取り戻した。先ず、金価格に連動する、streetTRACKS Gold Shares (GLD)の日足チャートから見てみよう。......

"July 9, 2007" の記事を読む »»

July 10, 2007

失敗こそ成功への近道

株の世界で、百戦百勝はありえない。損はトレードに付き物だ、と割り切った態度が必要なのだが、人間どうしても負けにこだわってしまう。場合によっては、復讐に燃えて、いたずらに損を繰り返すことになるから、負けた時ほど冷静にならないといけない。そこで今日は、失敗を成功に導く方法を考えてみよう。 ......

"July 10, 2007" の記事を読む »»

July 11, 2007

客を無視するCircuit City

決して画期的なアイデアではないが、こんなニュースがあった。大手小売、Wal-Mart (WMT)はオンラインショッピングを応用することで、売上が伸びた。なんだ、オンラインショッピングか、と言われるかもしれないが、Wal-Mart が実行したのは、完璧なオンラインショッピングではない。 ......

"July 11, 2007" の記事を読む »»

July 12, 2007

心配な小売セクター

決算シーズンが始まったばかりだが、Home Depot (HD)とSears Holdings  (SHLD)は、さっそく収益の下方修正をした。小売セクターの大手2社からの発表だっただけに、投資者たちのこのセクターに対する信頼度は、更に下落する結果となった。同セクターの、他社の様子を少し見てみよう。 ......

"July 12, 2007" の記事を読む »»

July 13, 2007

ハンドル名と最高経営責任者

9割9分、掲示板に書き込む人はハンドル名を使う。本名でないから、失礼なことでも平気に書いてしまう人が多い。こんな報道があった。先ず、スポットライトが当てられているのは、ホール・フーズ・マーケット(WFMI)の最高経営責任者、ジョン・マッケイ氏だ。 ......

"July 13, 2007" の記事を読む »»

July 14, 2007

タイミングの話

株の統計で知られる、トレーダーズ・アルマナックを見ていたら、こんなデータが目についた。過去10年間、7月に金鉱銘柄を買って9月に売ると、年平均で18.6%の利益があった。ということは、ニューモント・マイニング(NEM)が行けるのだろうか?それはさておき、少し違った統計を紹介しよう。 ......

"July 14, 2007" の記事を読む »»

July 16, 2007

ブレイクアウトの心理

トレード心理の研究なら、なんと言っても、ブレット・スティーンバーガー氏が第一人者だ。臨床心理学者、大学助教授、とお堅い肩書きもあるが、氏は自らもS&P500指数のトレードをする。現在、主にヘッジファンドや金融機関のトレーダーコーチとして活躍される氏には、多くの人たちから相談のメールが届く。......

"July 16, 2007" の記事を読む »»

July 17, 2007

2007年後半の投資テーマ

今日はソフトウェアが強い、半導体が売られている、といった言葉をよく耳にする。言い換えれば、今日のマーケット・テーマは何か、ということだ。デイトレーダーがホットな株を追うように、投資者も、間違ったセクターに資金を入れたのでは、なかなか利益が上がらない。今年後半のマーケット・テーマについて、ChangeWave Investingのトービン・スミス氏はこう語っている。 ......

"July 17, 2007" の記事を読む »»

July 18, 2007

CNBCの新スター

株のニュースなら、何と言ってもCNBCだ。内容はともかくとして、最高経営責任者が、CNBCに出演するというだけで、株価が上がることも珍しくない。デイトレードネットの代表取締役、馬渕氏からこんな話を聞いたことがある。 ......

"July 18, 2007" の記事を読む »»

July 19, 2007

ビジネスチャンスを生み出すインターネット

こんなサイトがあるとは知らなかった。説明するよりも、先ずhttp://www.singshot.com/index.htmlにアクセスしてほしい。系統としては、最近流行の、myspace.com、youtube.comのようなソーシャル・ネットワーク・サイトだ。違いは、singshot.comの場合、カラオケファンにターゲットがしぼられている。無料サイトだから、PLAYのボタンを押して、参加者たち...

"July 19, 2007" の記事を読む »»

July 20, 2007

なぜ「はっち3号」は優れているのか?

株投資には25のルールがある、とジム・クレーマー氏(マッド・マネー)は言う。第4番目のルールは、ファンダメンタルのしっかりした、叩かれた株を買え、というものだ。言い換えれば、株価を深追いしないで、いったん下げたところで買え、ということになる。基本的には、押し目買いになるのだが、とうぜん一つの疑問が生まれる。......

"July 20, 2007" の記事を読む »»

July 21, 2007

狙いはアパッチ

マクドナルドやKFCは除くが、近所にあるレストランは、最近どこも値上げをした。日本食専門の、テリーズさんのところも値上げだから、洋食だけが高くなっているわけではない。スーパーマーケットに行ってみれば、間違いなく1年前より、果物、野菜、肉の値段が高い。インフレだ。どう考えてもインフレだ。......

"July 21, 2007" の記事を読む »»

July 23, 2007

今週の注目決算

先週の話題は、何と言っても、予想を外したグーグルの決算発表だ。簡単にいつもアナリストの予想を上回るグーグルだけに、さすがに今回は、皆ビックリしてしまった。時間外取引から売りが殺到し、金曜の通常取引は、6%以上のギャップダウンで寄付いた。好決算を期待して、前日買った人たちは、さぞ後悔したことだろう。......

"July 23, 2007" の記事を読む »»

July 24, 2007

五つの心配事

先週木曜、ダウ指数は史上初めて14000ドル台で大引けをむかえた。新高値を祝う投資者の姿を、2000年以来の傲慢な態度、とビル・フレッケンスタイン氏は表現しているが、空売り専門の氏だから、別に驚く言葉ではない。もちろん、単に手放しで喜んでいたのでは、最終的にフレッケンスタイン氏のような売り手の餌食になってしまう。ということで、マーケットの心配材料を見てみよう。 ......

"July 24, 2007" の記事を読む »»

July 25, 2007

マーケットは先週が天井?

空売りが専門の、ビル・フレッケンスタイン氏に非難が浴びせられている。事の始まりは、新高値を喜ぶ投資者の姿を、「2000年以来の傲慢な態度」、と表現したフレッケンスタイン氏のコラムだ。非難の声を代表する、ハワード・リンゾン氏(ヘッジファンド・マネージャー)の意見を聞いてみよう。 ......

"July 25, 2007" の記事を読む »»

July 26, 2007

米住宅市場、回復は2009年まで待て!

ブルマーケットは、終わりになるまで終わらない、というのが今日のマーク・ハルバート氏のタイトルだ。米国の野球ファンなら、元ヤンキースのキャッチャー、ヨギ・ベラ氏の言葉、「試合は終わるまで終わらない」、を真似たことが分かる。選手として大活躍したのは言うまでもないが、ベラ氏は、多数の迷言を残したことで有名だ。2、3紹介しよう。......

"July 26, 2007" の記事を読む »»

July 27, 2007

恐怖指数の利用

まだ大引けまでしばらくあるが、ダウ指数は、300ポイントを超える大きな下げだ。いったい、昨日の上げは何だったのだろう?騙された!と腹を立てる人たちの声が聞こえてくる。 ......

"July 27, 2007" の記事を読む »»

July 28, 2007

イージー・マネーの終焉

300ポイントを超える木曜の下げ。翌日金曜は更に200ポイントの下落だから、投資者たちは完全に動揺してしまった。証券会社の知人は、「株を全て売った方が良いでしょうか」、とアドバイスを求める電話が、後を絶たなかったと言う。テレビは、まるで世の終わりが来たような報道ぶりだから、心配にならない方がおかしい。......

"July 28, 2007" の記事を読む »»

July 30, 2007

希な出来事、売り手はご用心!

「色々な見方がありますが、現在の米国経済は健全です。低失業率、雇用状況がそれを証明しています」、と投資戦略家のリズ・アン・ソンダース氏は言う。たしかに、金曜の午前中に発表された、第2四半期の国内総生産は予想された+3.2%を上回る+3.4%だった。しかし、先週のニューヨーク株式市場は、ここ5年間で最悪の展開になった。......

"July 30, 2007" の記事を読む »»

July 31, 2007

経済新聞は、帰りの電車の中で読め!

週が明け、株式市場は小さな反発を展開している。さっそくテレビでは、これは単なる一時的な戻しだろうか、とアナリストを招いて討論に忙しい。ウォールストリート・ジャーナルも、「ブルマーケットは終わった?」、と目を引くタイトルで、テレビに対抗している。 ......

"July 31, 2007" の記事を読む »»

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。