BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« June 21, 2007 | Home | June 23, 2007 »

Friday June 22, 2007

HEADLINE

US Market Recap 大切なのはクレジットカード
Stocks You Need To Know About 50日移動平均線
Wall Street English dead-cat bounce?

US Market Recap

大切なのはクレジットカード

サブプライム融資問題を読み間違え、大手証券ベアスターンズの運用するヘッジファンドが、大きな損を出している。これで、ベアスターンズの四半期決算に悪影響を及ぼすことは間違いないが、結果的には一般消費者も被害を受ける可能性があるという。

ユーロ・パシフィック・キャピタルの、ピーター・シフ氏は、こう語っている。「2007年の終わり頃に、米国経済は不景気に陥ることを予想していましたが、ベアスターンズのヘッジファンドお陰で、もっと早く不景気がやってきそうです。」

少し説明すると、ベアスターンズのような信用の高い機関が、今回のような大損を出すと、銀行などの金融機関が、融資に対していっそう消極的になり貸付金利が上昇する。これは、企業の借入費用の増大につながり、以前のように簡単に資金が調達できなくなるから、最終的に米国経済が減速するというわけだ。

サブプライム融資問題が、最も深刻なのが住宅ローンだ。昔からアメリカでは、どんなに苦しくても、住宅ローンは毎月必ず払え、ということが言われてきた。しかし、ビジネスウィークの報道によれば、サブプライム融資を利用した消費者には、全くそんな考えは無いようだ。

サブプライム住宅ローンで、家を購入した人たちのほとんどは、頭金ゼロそしてローンは変動利率だ。度重なる連銀による金利引き上げ、それに最近の国債利回り急騰で、月々のローン支払いも更に上がり家計に大きな負担になっている。悪いことに、住宅市場も低迷だから、物件は買った時より値段が下がっている。

面白いデータがある。2003年、32%のサブプライム住宅ローンは、支払いが30日以上遅れていた。2006年、その数値は36%に上昇している。しかし同期間、クレジットカードには反対の現象が見られる。サブプライムローンを利用した人たちで、2003年、クレジットカードの支払いが30日以上遅れていたのは32%、そして2006年は24%だ。

なぜ住宅の支払いよりも、クレジットカードの支払いが重要視されるのだろうか?

・住宅の支払いが遅れても、最悪の場合は物件の差し押さえで済む。しかし、個人破産を申請しても、クレジットカードの借金は、そう簡単に帳消しにすることができない。

・住宅の支払いが遅れても、実際に家が差し押さえられるまでは、少なくとも4カ月間の猶予がある。(平均は6カ月から1年)しかし、一度でも支払いが遅れると、直ぐクレジットカードは金利が上がってしまう。

「消費者にとって、クレジットカードは、ますます重要になっています。給料ぎりぎりの生活を乗り切るために、消費者はガソリンから食料品まで、とにかく広くクレジットカードを使っています」、とスタン・オリアイ氏(エクスぺリアン・グループ)は言う。

(参考にしたサイト: http://money.cnn.com/2007/06/21/news/economy/credit_crunch/index.htm?postversion=2007062114

http://www.businessweek.com/bwdaily/dnflash/content/jun2007/db20070620_271294.htm

Stocks You Need To Know About

50日移動平均線

S&P500指数 (日足)

0621spx.gif

また今回も、マーケットは50日移動平均線に支えられた。この移動平均線は、20日、200日と同様に、多くの投資者が利用しているだけに注目の一線だ。

 

 

Wall Street English

dead-cat bounce?

反発の木曜となったが、Jefferies & Coのアート・ホーガン氏は、こんなことを言う。

"Let's just hope that it's not a dead-cat bounce."

今日の反発は、単なるdead-cat bounceでないことを望みたいものです。

(dead-cat bounceは、一時的な株価の回復という意味)

« June 21, 2007 | Home | June 23, 2007 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。