BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« June 19, 2007 | Home | June 21, 2007 »

Wednesday June 20, 2007

HEADLINE

US Market Recap まだ比較的割安な航空券
Stocks You Need To Know About 国債10年物利回り
Wall Street English 米国不動産状況

US Market Recap

まだ比較的割安な航空券

夏休み、本格的な旅行シーズンだ。旅行といえば飛行機だが、アメリカでは、航空会社に対して苦情を訴える人が増えている。3月の統計を見ると、1000人中8人の旅客が、手荷物の紛失や破損に関する苦情を訴え、この数は去年、1000人中6人弱だった。

更に、定刻どおりに飛び立つ便数も減っている。航空業界では、15分までの遅れなら時間どおり、と定められているが、2002年、定刻どおりに運行された便数は82%だった。2006年は75%、そして今年最初の3カ月間は71%だ。

その他にも、いつも満員のフライト。テロ規制で警備が厳しくなり、チェックインに余分な時間がかかる、といったこともあるから、ますます空の旅は嫌われている。

原油価格の値上がりで、航空券が高くなった、と不平を言う人たちが多いが、こんなデータがある。

0619air.gif

(Myvacationpassport.comより)

上は、1982年と今年2007年の、アメリカ国内航空券料金を比較したものだが、先ず、見方から説明しよう。

どれも、ロサンゼルス発の往復航空券になり、一番左は目的地を表す。下から二番目の、ロサンゼルス/ニューヨーク間の例で見てみよう。

New Yorkの直ぐ右の数字、278は278ドルを示し、1982年に最も安かった、ロサンゼルス/ニューヨークの往復航空券料金だ。そして、この278ドルを、今日の金額に換算したのが真ん中の数字592ドルだ。一番右の278ドルは、今年最も安い、ロサンゼルス/ニューヨークの往復航空券の金額になる。一番安い航空券を比較する限り、安い航空券は、更に割安になったわけだ。

それでは、一番安い航空券ではなく、航空券の平均価格ならどうだろうか?交通局の調べによれば、1995年、米国内線の平均航空券価格は359ドルだった。インフレを考慮して、この金額を今日の金額に直すと484ドルになる。そして、去年の平均価格は380ドルだから、決して高くなったとは言えない。しかし、割安な航空券でも、手荷物紛失、おまけに大幅に定刻を遅れての到着なら、かなり割高に感じられることだろう。

(参考にしたサイト: http://travel.latimes.com/articles/la-trw-angryhamm27may27?single_page=y

http://www.myvacationpassport.com/login.php

Stocks You Need To Know About

国債10年物利回り

日足

0619tnx.gif

国債が買われ、利回りは5.086%で終了した。5%割れを期待する声もあるが、利回りは、現在トレンドラインのテスト中だ。ストキャスティクスも20を切っているから、そろそろ利回りの再上昇があってもおかしくない。

Wall Street English

米国不動産状況

0619re.gif

上は、リアルティトラック社から発表された、4、5、6月の三カ月間で、差し押さえになった住宅の多い市を、郵便番号別に見たものだ。

トップは郵便番号44105、オハイオ州のクリーブランド市だ。783の物件が差し押さえられている。

« June 19, 2007 | Home | June 21, 2007 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。