BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

セクター・ローテーション・ファンド

Wednesday May 23, 2007

株は羊のようなものだ、というハリー・ドマッシュ氏の話を先日した。要点は、羊が北へ行くには、群れ全体が北に向かっている必要があるように、個別銘柄も強いセクターから選んだ方が上がりやすい、というものだ。そこで今日は、このコンセプトを応用したファンドを紹介しよう。

ホットなセクターを常に狙う、PowerShares Value Line Industry Rotation (PYH)、そしてClaymore/Zachs Sector Rotation (XRO)という二つの上場投信がある。両者ともアメリカン証券取引所に上場され、株と同様に売買することができる。今年ここまでの成績は、PowerSharesが+8.9%、Claymoreは+9.9%だから、マーケット(S&P 500指数)の+7.5%を上回っている。

1990年代、テクノロジー銘柄とヘルスケア銘柄の人気で分かるように、いったんセクターの上昇トレンドが確定してしまうと、そう簡単にトレンドは崩れないものだ。最近の例では、不動産、エネルギー関連、公共株などがある。

いったい、セクター・ローテーション・ファンドは、どのようなタイミングで、ホットなセクターの株を買うのだろうか?もちろん、それは企業秘密だから分からない。そこで、公表されている資料を見てみた。

Claymore/Zachs Sector Rotation (XRO):

セクター別投資状況: 金融サービス業 37.8%、小売 21%、医療 20.7%、鉱工業製品 6.3%、オイル/エネルギー 4.5%

平均時価総額: 317億8000万ドル

保有銘柄数: 100

PowerShares Value Line Industry Rotation (PYH):

セクター別投資状況: 消費者関連 29.9%、景気敏感株 16.6%、インフォメーション・テクノロジー 13.8%、金属 11.7%、

鉱工業製品 8.5%

平均時価総額: 226億2000万ドル

保有銘柄数: 75

共通なセクターもあるが、明らかに、両ファンドの「ホットなセクター」の定義は違っている。まだベアマーケットを経験していない両ファンドだが、はたして下げ相場では、どんな成績を上げることができるのだろうか?

(参考にしたサイト: http://articles.moneycentral.msn.com/Investing/MutualFunds/StrivingToStayWithTheSizzle.aspx

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。