BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« August 24, 2005 | Home | August 26, 2005 »

Thursday August 25, 2005

HEADLINE

US Market Recap 上昇するガソリン、低下する道徳観
Wall Street English 新築住宅の新しいトレンド

US Market Recap

上昇するガソリン、低下する道徳観

ガソリンの値段が、無視できない水準まで上がってきた。1ガロン(3.785リットル)の全米平均は2ドル60セントに達し、ここ一年間で39%の上昇だ。ロサンゼルスやサンフランシスコなど一部の都市では既に3ドルを突破し、消費者たちの生活スタイルに影響を及ぼし始めている。

ガソリンが値上がった、といっても給料が上がるわけではないから、先ず皆ガソリン代の節約方法を考える。手っ取り早いのは、無鉛ハイオクをやめて無鉛レギュラーに替えることだ。ディスカバリーチャンネルで、自動車番組を担当するボイド・コディングトン氏は、「ほとんどの車は無鉛レギュラーを使っても問題は起きません。例外はベンツ500SELのような、高性能エンジンを搭載した車です」、と述べている。

ほとんどの人たちは正当な方法でガソリン問題に対処するが、AP通信からこんなニュースが報道された。先週金曜日の出来事だが、アラバマ州でガソリンスタンドを経営するトニー・カディ氏が、52ドルのガソリン代を払わない運転手を止めようとして、ジープに轢き逃げされ死亡した。たった52ドルのために殺人が犯されたわけだが、業界の専門家たちは、このような事故が増えることを予測している。

2004年、ガソリン代を払わずに逃走する事件は、1100台に対して1台の割合(0.09%)で発生した。全米コンビニエンスストア協会の調べによれば、1ガロンで約1セントの利益が得られるガソリンスタンドは、もし30ドル分のガソリンが盗まれると3000ガロン(11355リットル)余分に売らないと、その穴埋めができない。

たった52ドルなどと軽率な表現をしてしまったが、逃げる車を止めようとした、カディ氏の気持ちが少し分かるような気がする。52ドルの損失を取り戻すためには、さらに5200ガロン(19682リットル)にも及ぶガソリンを売らなくてはならない。

ガソリンの入れ逃げ防止策として、代金前払いシステムを導入するガソリンスタンドが増えている。しかし、これは思わぬ悪影響を引き起こした。アメリカでは、ミニマートと呼ばれるコンビニのような店を併設しているガソリンスタンドが多い。代金前払いを実施した結果、ミニマートの利用客が減少し、重要なガソリンスタンドの収益源に打撃を与えてしまった。

最後に全米コンビニエンスストア協会、ジェフ・レオナード氏の言葉を引用しよう。「ガソリン価格の上昇は、道徳観の低下につながったようです。」

Wall Street English

新築住宅の新しいトレンド

好調な結果を見せた新築住宅販売件数だが、こんな統計がある。

Reversing a trend toward higher prices, the median sales price fell to $203,800, down 4% in the past year, as builders shifted toward homes costing less than $250,000 and away from more expensive homes.

新築住宅の中間価格は4%下がって、20万3800ドルになった。これは住宅建築会社が、消費者に買い求めやすいように、25万ドル以下の住宅建築を中心にしたためだ。

 

« August 24, 2005 | Home | August 26, 2005 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。