BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« August 15, 2005 | Home | August 17, 2005 »

Tuesday August 16, 2005

HEADLINE

US Market Recap 将来性より重要なトレンド
Stocks You Need To Know About 二回目の窓
Wall Street English 株を売って現金の比重を増やせ!

US Market Recap

将来性より重要なトレンド

中間住宅価格24万3400ドル、ここ12ヶ月間で47%の値上がりを記録したのは、アメリカで最もホットな不動産マーケット、アリゾナ州フィニックス市だ。全米のようすを見てみると、中間価格は20万8300ドル、そして平均上昇率は13.6%になり、フィニックス市の不動産ブームが分かっていただけると思う。この13.6%という数字について、エコノミスト、デービッド・レレア氏は「1年間で不動産がこれほど伸びたのは、今回が初めてです」、と述べている。

不動産に限らず、資金は効率の良い投資に集まる。株を例にすれば、上げ基調の銘柄に資金が流入するのは、それが短期間で利益を上げやすいからだ。空売りをするなら話は別だが、下げ基調の株が買い手に嫌われるのは、大切な資金が塩漬けになる可能性が高いためだ。買った株が倍になるのは嬉しい。しかし10年もかかったのでは、それを素直に喜ぶ人はいないだろう。だから成績の悪いものは早めに処分して、効率の良いものに乗り換えることが重要だ。

皆さんはピーター・リンチという名前を聞いたことがあるだろうか。氏は以前、フィデリティーのマゼランファンドを統率し、13年間で25倍の実績を残した、アメリカで最も成功したファンドマネージャーだ。マーケットの最中に氏がテレビに出演すると、だれもが氏の言葉に耳を傾けた。ピーター・リンチ氏ほど大衆から慕われ、尊敬されたファンドマネージャーは氏が最初で最後のような気がする。

時は流れ、リンチ氏の築き上げたマゼランファンドが、また話題になっている。米国企業のほとんどは、401Kと呼ばれる確定拠出型年金を導入しているが、ロイターの報道によれば、マイクロソフト社はマゼランファンドを401Kプランから取り外してしまった。今までは社員が毎月の給料の一部から、年金用としてマゼランファンドに投資をすることができた。しかし、マイクロソフトはマゼランの成績低迷を理由に、401Kから削除してしまった。

1996年、ロバート・スタンスキー氏がリンチ氏の後任に指名されたが、中々思うような実績を上げることができない。スタンスキー氏が任命された年、、マゼランに1万ドル投資したとすると、今日それは18483ドルになっている。年利に換算すると7.1パーセントだが、S&P500指数は8.3パーセントの伸びだから、マイクロソフトのような大手企業がマゼランを去る結果になってしまった。資金は効率の良い場所を常に求める。将来性だけを重視するのではなく、先ずトレンドを確認しよう。

Stocks You Need To Know About

二回目の窓

少し利食いの出たところで買おう、そんなことを計画していた人も多いことだろう。しかし、アップルコンピュータにパイパージャフレイのアナリストから非常に強気な見方が発表され、アップルは今日も強い動きとなった。

下は日足チャートだが、これで二回目の窓だ。一方的な勢いを示す展開になってしまったが、株価は移動平均線から大きく乖離してしまった。はやる気持ちを抑えて、今日の窓(ギャップ)付近までの下げを待ちたい。

0815apple.GIF

Wall Street English

株を売って現金の比重を増やせ!

Merrill Lynch shifts more assets to cashというタイトルから分かるように、メリルリンチ証券は現金を増やすことを薦めている。

実際にはどう変わったかというと、

Merrill now recommends an allocation of 40 percent stocks and 15 percent cash. It previously recommended 45 percent in stocks and 10 percent in cash.

45%だった株の比重を40%に減らし、現金を10%から15%に引き上げるということだ。
 
 

« August 15, 2005 | Home | August 17, 2005 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。