BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« August 13, 2005 | Home | August 16, 2005 »

Monday August 15, 2005

HEADLINE

US Market Recap 季節的な心配要素
Stocks You Need To Know About エクソンは買えるか?
Wall Street English 何の話だろう

US Market Recap

季節的な心配要素

ひょっとしたらオイルは1バーレル100ドルを達成するのでは、そんなことを真剣に考える人が多くなった。金曜の終値は66ドル86セント、今年に入って既に52パーセントの上昇だ。毎日OPECやカナダなどの産油国から供給されるオイル量は8412万バーレルにおよぶが、需要量の8438万バーレルには追いつかない。こんな需給関係が続くかぎり、オイル価格上昇に歯止めはかからないわけだ。

オイルアナリストも冷静さを失ってしまったらしい。CNNのインタビューで、オッペンハイマー社ファデル・ガイト氏は「このラリーは完璧な嵐です。まるで映画でも観ているような、とにかく超現実的と言うしかありません」、と述べている。MKMパートナーズのケイティー・タウンシェンド氏は、68ドルの目標価格を発表しているが、もはや達成されたも同然だ。

高いオイルはインフレ懸念を呼び、株式市場にはマイナス材料となる。それに季節的要素を考慮すれば、だれでも心配になってしまう。マーケットの歴史を振り返ると、8月と9月は株が最も冴えない時期という統計がある。1950年以来、9月の成績が最も悪く、最近15年間だけを見るなら8月が最悪だ。現在S&P500指数は高値近辺で推移しているだけに、買いポジションを抱える人たちは、少し嫌な気分を味わっているかもしれない。

ストックトレーダーズアルマナック社の調べによれば、株は各四半期の一ヶ月めが強く、残りの二ヶ月は弱くなる習性があるという。とすれば四半期最初の7月は好調になり、8月9月は衰えることになるわけだ。またブリンマワー社のピーター・ブローディー氏は、次のように語っている。「雇用統計などの経済指数が表すように、健全な米国経済が強い株式市場の原動力になっています。しかし短期的に見た場合は、自然な利食いのサイクルが迫っていると言えるでしょう。」

最後にS&P500指数を検討してみよう。

0814spx.GIF

今のところ横ばいを展開しているが、季節的な要素を重視して、ブレイクダウンに気をつけたい。

Stocks You Need To Know About

エクソンは買えるか?

オイル価格の上昇が止まらない。そんなわけでオイル会社が注目されるわけだが、お馴染みエクソン・モービル社の週足を見てみよう。

0814xom.GIF

急騰するオイルとは関係なく、横ばいが続いている。ちょうどボックスの上限で終了しているから、上放れるまで買いはお預けだ。

Wall Street English

何の話だろう

Thousands Still Stranded in Londonという見出しにぶつかった。多数の人がロンドンで、足止めをくらっているようだ。テロ事件でもあったのかなと思いながら読み続けると、

LONDON (AP) -- British Airways pressed Sunday to resume normal service, two days after the end of a crippling ground-crew walkout that had stranded more than 100,000 passengers during the peak of the summer travel season.

英国航空のストだったのだ。ロンドンと足止めの二単語で、テロを想像してしまったのだから、時代は変わったと言うべきなのか。。。

« August 13, 2005 | Home | August 16, 2005 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。