BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« August 1, 2005 | Home | August 3, 2005 »

Tuesday August 2, 2005

HEADLINE

US Market Recap 現金ポジション増大のミューチュアルファンド、マーケットは天井?
Stocks You Need To Know About 弾みが付いたイーベイ
Wall Street English オイル新高値!

US Market Recap

現金ポジション増大のミューチュアルファンド、マーケットは天井?

一昔前には考えられないことだったが、銀行でミューチュアルファンドが簡単に買えるようになった。(株は「買う」で構わないが、ファンドにはなぜか「購入」という言葉を使う人が多い。)もちろん低金利の世の中、定期預金だけでは客に逃げられてしまう。一口にファンドと言っても、たくさんの種類がある。銀行側の説明不足で、客との間にトラブルが生じることもあるようだが、預金だけの時代は過ぎ去ってしまった。少しでも良い金利が欲しい、そんな願いが発端となってミューチュアルファンド投資に踏み切るわけだ。

投資のプロ、ファンドマネージャーなら私たちより優れた成果を上げてくれるにちがいない。ファンド会社には豊富な情報、それに優秀なアナリストたちも揃っている。きっと私たちの資金(現金)を、有効に運用してくれるはずだ。そんな思いを込めて、大切な資金をファンドに移すのだが、AP通信の報道によれば、ファンドマネージャーたちは今、株投資ではなく現金保有率を増やしているという。言い方を替えれば、現在の株価に魅力が無いわけだ。

先月7月、メリルリンチの調べによると、一般的なミューチュアルファンドのポートフォリオ内における現金は、全体の4.1%を占める高水準に達している。特に興味深いのは、株と債券両方に投資をする、ミックス型ファンドマネージャーの投資姿勢だ。6月、18%のミックス型ファンドマネージャーたちは「現金優先」と述べていたが、7月、この数字は23%に跳ね上がっている。ほとんどのマネージャーたちは、世界的な景気上向きを予想しているのだが、実際の投資姿勢は控えめだ。

さらにAP通信によれば、小型株専門ファンドも同様に現金ポジションを増やしている。FPAキャピタルという小型株専門ファンドが例にあげられていたが、6月、このファンドが保有する現金の全ポートフォリオを占めた割合は29.8%だった。しかし7月、この比率は40%へと大きく膨れ上がった。チャーリー ボブリンスコイ氏(アリエルファンドマネージャー)を引用すれば、「現在のマーケット状況で、私たちが探し求める条件に当てはまる小型銘柄を見つけるのは、とても困難になっています」、ということだ。

それでは、即刻持ち株を処分するべきだろうか。もちろん、単にファンドの現金保有率が増えていることだけで、株を売ることは間違っている。今日のファンドマネージャーたちは、90年代の超強気な投資スタイルを棄て、正当評価額を中心にした慎重な投資スタイルを受け入れている。強気スタイルなら、マーケット上昇に伴い現金保有率はどんどん減っていく。しかし正当評価額が重要視されると、マーケットの大きな上昇は、現金保有率増加という結果につながる。現金を大量に抱えるミューチュアルファンド、買い資金は豊富に残っているわけだ。

Stocks You Need To Know About

弾みが付いたイーベイ

面白いタイミングで、シティグループのアナリストから買い推奨が出た。おかげでイーベイ(EBAY)は、レジスタンス突破に成功した。乗り遅れたと思われるかもしれないが、じっくりと一時的な下げ(押し目)を待って、買いチャンスをつかみたい。買いの目安は、以前のレジスタンスライン近辺だ。

0801EBAY.gif

Wall Street English

オイル新高値!

サウジ国王死去ニュースが、オイル価格を新高値へと導いた。下記の太字部分でも分かるように、国王の死は後継者だけでなく、政治的不安を引き起こしてしまったようだ。

The death "sparked uncertainty as to the course of succession and political stability of the country now that he is gone," said Tim Evans, a senior analyst at IFR Markets.

 

« August 1, 2005 | Home | August 3, 2005 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。