BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« July 26, 2005 | Home | July 28, 2005 »

Wednesday July 27, 2005

HEADLINE

US Market Recap 環境を破壊するシーツの取り替え
Stocks You Need To Know About チャートも忘れずに見よう
Wall Street English 質で勝負のトヨタ

US Market Recap

環境を破壊するシーツの取り替え

夏休みをアメリカで、そんな計画のある人たちも多いことだろう。西海岸ならハリウッド、ディズニーランド、シーワールド、野球ファンには大リーグ、と見物場所はたくさんある。時差ボケに悩む方もいるかもしれないが、無事に楽しい一日を終えホテルの部屋に戻る。暑いシャワーを浴びパジャマに着替える。明日もスケジュールがつまっている。電気を消してベッドにもぐりこむわけだが、このホテルにまつわる話をUSAトゥデイから紹介しよう。

毎年100日近い時間を、ホテルで過ごすバーバラ ヒューバーマンさんは憤慨している。「とんでもない話です。一晩200ドル以上も払っているのですから、毎日シーツを取り替えてくれるのは当たり前のことです。」シーツはもちろんベッドのシーツのことだが、最近アメリカでは毎日シーツを替えてくれるホテルが減っている。たとえ自分だけしか寝ていないと分かっていても、客の立場なら洗濯された清潔なシーツで毎晩寝たいのではないだろうか。

ホテル側は、ヒューバーマンさんのような客はごく少数だと言う。ほとんどの宿泊者はシーツの取り替えに関してさほど気にすることはなく、毎日の取り替えが希望なら、あらかじめフロントに頼んでおけばよいことらしい。しかしヒューバーマンさんは、そのような回答では満足しない。「忙しい時は、シーツのことなど忘れてしまいます。実際にあったことですが、夜遅く部屋に戻って、シーツが取り替えられていないことに気がつきました。さっそくフロントに電話しましたが、時間帯が悪いという理由で断られました。」

25のホテルを対象にUSAトゥデイが調べたところ、11は毎日シーツを取り替え、9は週に数回、5は各地域のホテルによって頻繁度は異なると回答している。客からの要望があれば、毎日無料で替えるというのは全てのホテルに共通だ。どちらにしても、毎日きれいなシーツの時代は終わろうとしている。ハイアットホテル副社長、ギャリー ドーレンズさんは「宿泊者にとって、毎日のシーツ取り替えは重要な問題でないことは明確です。取り替え頻繁度の減少は、ホテル業界にとって当然のことになるでしょう」と述べている。

コスト削減が毎日シーツを替えない大きな理由だが、ホテル側にはもう一つの言い訳がある。実は思わぬ団体から、シーツ取り替え頻繁度を減らすことに大賛成を得た。グリーンピースという、環境保護運動に懸命なグループをご存知だろうか。このグループが毎日のシーツ取り替えに反対していたのだが、その理由はこうだ。毎日シーツを替えることは、毎日シーツを洗うことにつながる。洗濯には水という大切な資源が浪費される。おまけに洗濯によって排水される水は環境汚染の原因になる。なるほど、汚いシーツは環境保護に大きな手助けになるわけか。

Stocks You Need To Know About

チャートも忘れずに見よう

セブンイレブン(SE)が予想を上回る決算を今朝発表した。「決算が近いから今は手が出せない。」よくそんなことを聞くが、決算の迫った先週22日、大手証券ベアスターンズはセブンイレブンにoutperform(買い推奨と同様)の格付けをし、目標株価は42ドルの強気な見方を公表した。

下のチャートで見ると、22日には大した動きはなかったのだが、面白いパターンができあがっている。数日間連続の下げで、嫌な形だと思われる方もいるかもしれないが、これは上昇基調内に形成された強気なフラッグだ。翌日さっそくブレイクアウトになり、まるで投資者たちは差し迫る決算を忘れてしまったかのようだ。

0726SE.gif

証券会社の意見だけでなく、チャートも忘れずに見よう。

Wall Street English

質で勝負のトヨタ

社員割引を導入して、ゼネラルモータース、フォード、クライスラーの各社は価格競争に忙しい。しかしこんな状況のアメリカで、トヨタは人気車の値上げを発表した。強気だ、の一言でも片付けられるが、広報担当者の話を一部引用してみよう。

Toyota spokesman Paul Nolasco told the Times that Toyota believes that "customers will keep coming back if you offer them quality."

肝心な場所を太字に換えたが、質(quality)を重要視したトヨタの姿勢がうかがえる。

« July 26, 2005 | Home | July 28, 2005 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。