BREAKSCAN > US Market Watch > Daily Story

« July 16, 2005 | Home | July 19, 2005 »

Monday July 18, 2005

HEADLINE

US Market Recap ナスダックの主役、半導体銘柄
Wall Street English 英語で見るウォールストリート

US Market Recap

ナスダックの主役、半導体銘柄

ナスダック市場に火がついた。summer doldrumsという退屈な夏相場を表現する言葉があるが、今のナスダックには当てはまらない。さっそく日足チャートを見てみよう。

0717NAZ.gif

三本入っている移動平均線は上から20日(グリーン、短期平均)、50日(ブルー、中期平均)、そして200日(レッド、長期平均)だ。まず最初に注目してほしいのは、これら平均線の並び方だ。アップトレンド(上昇基調)がしっかりしたマーケットでは、三本の移動平均線が短いものが一番上、そして中期、一番下が長期移動平均線の順番になる。ナスダックは7月7日、50日移動平均線が200日移動平均線をクロスして、三本の移動平均線がきれいな上昇基調の形を作った。

もう一つの重要な点は、2100ドルの壁が崩れ、ナスダック指数はブレイクアウト(上放れ)に成功している。この2100ドルに走る水平線は以前のレジスタンス(抵抗線)だったわけだが、今度はそこがサポート(支持線)になる可能性が強い。

好調なナスダック市場の大きな原因は半導体セクターだ。移動平均線の順番、抵抗線突破、まるでナスダックのチャートを見ているようだ。

0717sox.gif

乗り遅れたと焦る投資者もいることだろうが、ここはジックリと押し目(一時的な下げ)を待つ姿勢も大切だ。20日移動平均線や以前のレジスタンスを目安にして、しばらく様子を見てみよう。

Wall Street English

英語で見るウォールストリート

今週の焦点は何だろうか。

Investors gear up for first big batch of quarterly results, plus Fed chief Greenspan on the Hill.

上はCNNマネーからの抜粋だが、投資者たちは多数ひかえる決算発表と、フェデラルリザーブ議長、グリーンスパン氏の証言に注目している。

「多数」と訳したところの原文はbig batch(一束)、そしてフェデラルリザーブ議長はFed chief(チーフには酋長という意味もある)が使われ、表現の多彩さが感じられる。

« July 16, 2005 | Home | July 19, 2005 »

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。