BREAKSCAN > US Market Watch > Individual entry

働かないのはインターネットが悪い!?

Tuesday July 12, 2005

9 to 5という映画のタイトルにもなったフレーズがあるが、一般的なアメリカ人の労働時間は、9時から5時までの計8時間だ。もちろん昼休みの一時間を考慮すれば、実際には7時間労働ということになる。しかしサラリードットコムの調べによると、平均的なアメリカ人は毎日約2時間の労働時間を無駄にしているという。昼休みとこの2時間を合計すれば、一般アメリカ人の労働時間は一日5時間ということになる。

一口に2時間と言うが、雇っている方の企業側から見ると、これは年間で7590億ドルに相当する給料を無駄に支払っていることになるらしい。まじめに働かなくてはいけないのは分かっているが、いったいどんなことに労働時間は浪費されているのだろうか。上位5つを見てみよう。

1)インターネット (44.7%): ネットサーフィンがナンバー1の時間浪費原因だ。
2)同僚と無駄話 (23.4%)。
3)会社と関係ない私的ビジネス行為 (6.8%)。
4)単にボケ-ッと白昼夢 (3.9%)。
5)クリーニングを取りに行くなどの雑用で社外へ出る (3.1%)。

仕事中に遊んでいるとはケシカラヌ、と怒る社長さんもいるだろうが、サボっている社員にもそれなりの言い分がある。正当な理由かどうかは別として、33.2%の回答によれば、仕事をしないのはやる仕事が無いからだという。第二番めの理由は、給料が安くてやる気にならない (23.4%)、そして同僚からの邪魔 (14.7%)へと続く。

業種別に見ると、保険会社の従業員が最も時間を無駄にしている。全米の平均浪費労働時間は一日2.09時間だが、保険業界での平均は2.5時間だ。その次に浪費が目立つのは、教員を除いた公務員となり2.4時間が毎日無駄なことに使われている。逆に時間浪費の少ないのはブルーカラーの労働者たちだ。特に荷物発送受け取りに従事する人たちの浪費時間が低く、全米で最低の1.7時間と報告されている。皆さんは現在の職場環境に満足してますか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

エントリーへの言及リンクを含まないトラックバックの反映は遅くなることがあります。

本マガジンは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。