BREAKSCAN > Swingscan解説

スイングスキャンの概要

スイングスキャンとは

スイングトレードでの買いや売りのゾーンを的確に探し出すためのトレード支援の補助ツールです。

米国株と日本株の両方のマーケットで使えます。

  • 米国株は、ナスダックマーケットの3000銘柄からティックと値幅で銘柄を厳選
  • 日本株は、東京マーケットの日経平均構成銘柄(225銘柄)と、
    TOPIX構成銘柄(TOPIXコア30とTOPIXラージ70)からティックと値幅で銘柄を厳選

あらかじめ選択された銘柄のトレンドとハイローバンドギャッププレイの条件についての情報をデジタル表示します。

その銘柄の日足でのトレンドや判定情報を色やアイコンでリアルタイムに表示します。

  • トリガーの有無や種類
  • ギャップサイズの表示とギャップ幅による絞込み
  • 5日、20日、50日間高値安値のブレイクアウト表示と絞込み
  • 移動平均線の並び順の表示と絞込み
  • 前日のローソク足のワイドレンジや連続した日足の判定機能も装備

チャートソフトでチャートを見ながら、併用して使うと効果的です。

これでトレード中に銘柄を探し回る手間は不要。ウェブブラウザで見ることができるためダウンロードやインストールも不要、動作も軽くパソコンへ大きな負担をかけません。

チャートソフトを選ばず、 チャート用ソフトや、トレード用ソフトがなくても単独で動作します。

 

スイングスキャンの表示例(日本株)

 

 

動作環境

スイングスキャンはウェブブラウザで動作します。

動作確認は、Microsoft社のInternet Explorer 8、およびMozilla FundationのFirefox 3以降の最新リリースで行っています。

スイングスキャンの表示内容は、時間の経過とともに定期的に更新されます。

スイングスキャンは、利用規約にもとづいて提供するものです。

システムの調整のために、途中で一時的に更新を停止することがあります。

スイングスキャンによる情報は、投資判断の参考のための情報提供を目的とし、投資の勧誘を目的としたものではなく、最終的な投資決定については、投資家ご自身で判断されるようお願いします。

スイングスキャン解説

銘柄検索サービス

監視注目銘柄